スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


イサベル・アジェンデ「エバ・ルーナ」「エバ・ルーナのお話」


イサベル・アジェンデ「エバ・ルーナ」
国書刊行会

ううっ、すごく面白かったです。

生命を意味する名前「エバ」。
エバに天が与えた才能はお話を語ることだった。

独裁政権下の南米のとある国を舞台に、
密林の捨て子だった母の生い立ちからはじまるエバの物語。
この濃密で神秘に満ち溢れてることといったらもう……。

人間の剥製方法を研究する博士の家で
幸せな幼年時代をすごしたエバ。
母が死に、博士が死に、
7才にして流浪の人生をスタートさせたエバ。
独身ものの姉弟の家、
ユーゴスラヴィア人の未亡人、
娼家の女将、
辺境の村で商店を営む兎口のアラブ人、
両性具有の女優など、
さまざまな人達のもとを転々としながら、
やがて愛を知り、
革命にかかわり、
物語を語る自分の人生を見出して行きます。

しつこいようですが
もう、めちゃくちゃ面白い一冊でした。
(2001年6月17日)




これだけではなんなので。
この物語は、
まずエバの母であるコンスエロの物語から始まるんですが、
これがまた惹きつけられるんですよね。

伝道所はなまめかしいほどもつれあい、絡み合っている密林の真ん中にひらけたオアシスだった。樹々は川岸から、神の過ちではないかと思えるほど天空高く聳えている塔のようなばかでかい岩山の麓まで広がっていた。そこでの時間はよじれ、空間は人の目を欺き、旅人が迷いこみでもすれば、堂々めぐりをする羽目になる。湿気を含んだ空気はじっとりと重く、ときには花や草、人間の汗や動物の息の匂いがした。

というのは、コンスエロが育った伝道所の描写。
そう、
情景描写が多くて、
このうねるようなリズムが心地良いんです。




イサベル・アジェンデ「エバ・ルーナのお話」
国書刊行会

以前読んだ「エバ・ルーナ」の中で
お話の名人のエバが話した「お話」を収録した
というつくりの短編集です。
短編でも
「エバ・ルーナ」の世界のエッセンスに溢れてて素敵でした。

「エバ・ルーナ」を読んでから読むに越した事は無いんだけど、
この「エバ・ルーナのお話」単独で読んでも
結構楽しめます。
南米を舞台にしたさまざまな愛の形が綴ってあります。
ちなみに「お話」と言っても昔話ではありません。
自分を五十年間地下室に閉じ込めた男を
愛しつづけた女の話「心に触れる音楽」や
荒涼とした土地のあらくれ男をなぐさめ続けた女の話
「ひきがえるの口」など。
(2001年7月13日)
スポンサーサイト

 2015_02_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。