スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


イサベル・アジェンデ「神と野獣の都」



イサベル・アジェンデ「神と野獣の都」
扶桑社ミステリー

15歳のアレキサンダー(アレックス)・コールドは、
母が病気で化学治療のために入院することになり、
父方の祖母に一人預けられることになった。
妹たちは母方の優しい祖母の元へ、
自分は意地悪でタフで、
正直言うとちょっと怖い作家の祖母の元へ。
そしてこの祖母と共になんと
アマゾンの探検旅行へ行かされるという。

この探検旅行の目的は、
密林の奥に住むという謎の人間型生物、
通称「野獣」についての調査で、
祖母はナショナル・ジオグラフィック誌に文章を載せるために
参加しているのだった。
母の重い病状に打ちのめされているアレックスだったが、
アメリカでの平凡で安全な生活から遠くはなれ、
危険いっぱいのジャングルクルージングとなると、
そうそう自分の殻に籠って悩んでばかりはいられない。
現地で父親と暮らす白人の少女ナディアと知り合い、
心を通わせるアレックスだったが、思いもかけぬトラブルが……。

あらま。
ラテンアメリカのストーリーテラー、イサベル・アジェンデの、
ちょっとびっくりしてしまうような
純然たる「少年冒険活劇」です。

赤い背表紙の扶桑社ミステリーの文庫と
アジェンデって組み合わせに
まず微妙な違和感を抱きますが、
中身がこれまたびっくり。
なんというか……こう、
ホントに冒険活劇なんですよ。
ハリウッド映画みたいな「血湧き肉踊る」
そして「少年の成長」の物語。
そうか、
アジェンデもジュニア向けの小説を意識して書くと
こんな風になるのか、って感じです。

もちろんつまらないわけではありません。
しつこいけどホントに「冒険活劇」で、
すっごくスリリングで読んでいて楽しいのです。
楽しいのですが、
どうもこう…
アジェンデの…
とか思っちゃうと非常に意外な感じがしてしまいます。

アマゾンの密林の雰囲気や、
インディオたちとの神秘的な体験など、
とても印象的でなかなかぐっと来るものがあります。
その辺りはサスガという感じかな。
思いがけない作品の雰囲気で、
「アジェンデ」の新しい作品だぁ
って意気込んでしまうと
ありゃりゃってなってしまうかも知れないけど、
それさえなければ十二分に楽しめる作品でしょうね。
(2005年8月23日)
スポンサーサイト

 2015_02_19


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。