スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


「フクロウが多すぎる」「水の中のなにか」



あいかわらず、
シャーロット・マクラウドです。
言いにくいけど、
実は明日も、です。
というか、明日まで。

シャーロット・マクラウド「フクロウが多すぎる」
創元推理文庫

バラクラヴァ名物の「フクロウ数え」の夜、
シャンディ教授はスヴェンソン学長、ストット教授、
そしてビンクス一族の遺産の相続人であり、
新しくバラクラヴァ大学の職員仲間となったミス・ビンクスらの
グループに参加して楽しい時間を過ごしていました。
が、
突如一行の前に現れたシロフクロウに
皆騒然としてしまいます。
バラクラヴァの居る筈のないフクロウなのですから……。

そのシロフクロウに導かれる様に進んだ先に待っていたのは、
一行のメンバーの一人が刺殺されるという事件だったのでした。
殺されたのは、
何故一行に紛れていたのかよく分からない技師のエメリク。
この事件を皮切りに、
ミス・ビンクスの周辺に不穏な事件が起こり始め、
例によってシャンディ教授は一肌脱ぐことになります。

フェアじゃないといえば、
フェアじゃないにも程があるような箇所が随所に見られるけど、
面白いのでそれはそれでOKなんです。

洪水の川下りシーン、
かつてアーサー・ランサムの冒険物語に魅了された私としては
看過できない場面です。
ミステリー部分は
うう~んと口篭もってしまうような作品ですが、
結構好きな作品だったりします。


シャーロット・マクラウド「水の中のなにか」
創元推理文庫

シャンディ教授は妻ヘレンが開いた、女ばかりのパーティを逃れ、
メイン州の海岸地帯へやってきました。
彼の出張のお目当ては、
ミス・ロンデルが栽培している驚異の巨大ルピナスの観察。

この世のモノとも思えないこのルピナスの花の
観察を始めたシャンディ教授でしたが、
二日目の夜、逗留していた宿の食堂で、
思いがけない事件に遭遇してしまいます。
恐ろしい勢いでチキン・ポット・パイをかき込んでいた男が
いきなりその場で死んでしまったのです。
死因は青酸カリ。

過去に遡るさまざまな人間模様が深みがあって、読ませてくれます。

それにしても、
マクラウドの作品の魅力はやっぱり老人たち。
老いてますます魅力的なミス・ロンデルや宿の主人エルヴァなど、
善良にまっとうに生きてきた力強さを感じる老婦人たち、
かっこいいです。
スポンサーサイト

 2015_02_11


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。