スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


アンドレイ・クルコフ「ペンギンの憂鬱」



アンドレイ・クルコフ「ペンギンの憂鬱」





アンドレイ・クルコフ「ペンギンの憂鬱」
新潮社 沼野恭子訳

ソ連崩壊後のウクライナの首都キエフ。
恋人に去られ目下
ペンギンとアパートで一緒に暮らしているヴィクトルは、
売れない小説家である。
一年前の秋、
エサをやれなくなった動物園が
欲しい人に譲るというので、
ヴィクトルは皇帝ペンギンを貰ってきたのだ。
ペンギンの名前はミーシャ。
ヴィクトルの孤独に寄り添うように、
ミーシャの孤独が持ち込まれたのだった。

書き上げたばかりの短編を携えて、
ヴィクトルは新聞社を回った。
色よい返事はもらえなかったが、
ヴィクトルは「首都報知」新聞から
不思議なオファーを受けることになる。
それは死亡記事。
しかしただの死亡記事ではない。
現在まだ生きている人物の追悼記事をあらかじめ書いておく、
というものだった。

ウクライナのロシア語作家、アンドレイ・クルコフの、
現在までに二十カ国以上の国で翻訳されたという作品です。
読み進めるうちにどんどん胸の鼓動がどくどくしてくる、
なんだか不思議な物語でした。
本当に少しずつですが、
どんどん胸のどくどくが募ってきて、
ラストにふうっと息がつけた感じでしたね。
かわいらしい、
ちょっととぼけた装丁ですが、
中身は結構重め、かな。
不条理小説っぽいんだけど、そうとも言い切れないし。
ちょっとつかみどころのないような浮遊感の奥に、
新生国家の不安定さが漂っているような感じ。

ヴィクトルは不思議な追悼記事を書き始めるようになって、
一人、一人と知り合いがぽつりぽつりと出来てきます。
彼らとヴィクトルとの関係がまた、
ゆるいのに強い不思議な感じなんですよね。
誰も彼もその真意はよくわからないけど、
なんとなく好感が持てたりして。
物語の途中から、
ヴィクトルとミーシャという家族に、
殺し屋の幼い娘ソーニャ、
若い警官の従妹でソーニャのベビーシッターのニーナ
などが加わっていくんですが、
この彼らの関係がまたなんともあやういのね。
繊細な硝子細工のもろさ、
というよりも水をいっぱいに詰めた風船のような、
たよりなくていつ壊れてもおかしくないけど妙に柔軟性のある、
というイメージの不思議な家族ごっこ。

ミーシャという憂鬱症のペンギンの存在感がまた巧いですね。
なんだか読み終わってミーシャの事を考えると、
あまりにミーシャがいとけなくて胸がいたいぐらい。

ウクライナが舞台ということで、
へぇぇと思うようなエピソードもいくつかありました。
サンタクロースが新年にやってくる
というものなんだか不思議な感じ。
ツリーだってちゃんと飾るけど、
サンタクロースのプレゼントは新年までおあずけなの。
「チェルノブイリの子供たちの病院を建てる
って集めたお金がどうなったか、知ってるでしょ」
ソーニャのベビーシッターのニーナのセリフですが、
ううん、どうなったの?
と気になります。
いや、想像はつくのだけれど、
そんな事があったのねぇ。
ふぅん。

というわけで、
「ペンギンの憂鬱」はけっこうお薦め。
ミーシャのこの存在感だけでも充分読む価値があるかもしれません。
(2005年6月21日)
スポンサーサイト

 2015_02_04


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。