スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ダイ・シージエ「バルザックと小さな中国のお針子」



ダイ・シージエ「バルザックと小さな中国のお針子」
早川書房

フランス発の中国人作家の作品です。
良かった~。

文化大改革の嵐が吹き荒れる1971年、
主人公の少年と羅(ルオ)は、
反革命分子の子として
再教育のため山奥深くに送りこまれます。
主人公の僕は17歳、羅は18歳。
主人公の少年の父は呼吸器科の医師、
母は寄生虫病の専門家、
羅の父は中国全土で知らぬものが居ないと言う著名な歯科医だったのです。
山奥の田舎で厳しい労働に明け暮れる中、
二人は村に唯一ある仕立屋の美しい娘、小裁縫に恋をします。

あるとき彼らは、
いまや禁書となっている西欧の小説を、
彼らと同じく再教育の為に連れてこられたメガネという友人が
隠し持っていることを知ります。
壮大な愛や冒険の物語に彼らはすっかり夢中になり、
これに刺激を受けた羅は、
小裁縫にバルザックの小説を語り聞かせ、
二人は次第に親密になっていくのですが……。

文化大革命の「下放政策」によって、
知識青年たちが田舎で、
農民による再教育を受ける
というのが物語の背景にあるんです。
が、貧しい村での厳しい農作業、
石炭の手掘りなど重労働に従事し、
衣食住は満足ではなく
羅は一時マラリアにかかったりするのですけど、
全然
辛かった悔しかった~の物語ではないの。
二人の少年の瑞々しい青春小説なんですね。
閉ざされた世界で、
二人の少年が物理的にも精神的にも
たくましく力を合わせて生きぬこうとする姿、
良かったです。
これは、絶対中高校生辺りにおすすめの一冊ですね。
(2002年5月3日)




しかし、
この場合、アジアに入れれば良いのか
フランスに入れればいいのか…。
とりあえず、アジアに入れておきます。
スポンサーサイト

 2015_02_02


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。