スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


エイモス・チュツオーラ「やし酒飲み」


エイモス・チュツオーラ「やし酒飲み」





エイモス・チュツオーラ「やし酒飲み」
晶文社

アフリカ神話の幻想とパワーにあふれた
ナイジェリアの作家の作品です。

これが結構当り。
面白かったですよ~。
10歳の頃からやし酒を飲むことしか能が無い
町一番の大金持ちの総領息子。
父親は彼を咎めるどころか
彼の為に専属のやし酒造りの名人を雇って、
しかも9平方マイルのやし畑まで与えるのでした。
でも、
その父親、やし酒造りの名人が相次いで死んでしまい、
やし酒飲みの男は
その死んだやし酒造りの名人を探しに「死者の町」へと旅立つのでした。

このものがたりはそんなやし酒飲みの旅の物語なんですが、
とにかく荒唐無稽で奔放で
当たり前のように別の世界が展開するという不思議な味わいの物語。
(2001年10月1日)




チュツオーラはナイジェリアの作家。
ココア農園で働く両親の下に生まれ、
7歳から働き出して、
給料代わりに10歳から救世軍の小学校に通えることになった、
という人みたい。
父の死までの6年間しか学校教育は受けてないという人なんだけど、
なんと作品は英語で書いてたんだとか。
なので、ややつたない英語だったみたいですが、
それもまた本書のマジックリアリズムを盛り上げたのかも。
フランスではレーモン・クノーが訳したとかWikiによると
面白そうなことがいっぱい書いてありました。

本書しか読んだ事はないけど、
Wiki見たら、今更に興味が湧いて来ました。
スポンサーサイト

 2015_01_28


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。