スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


放置自サイトからの転載

Category: 翻訳小説のこと  


OCNのHPスペースのサービス停止の話で
考えてたんですが、
やっぱり
このまま消滅するのももったいないかなと。
上から順番に
移動させてもいいんだけど、
ここは
割とマイナーな俳句という趣味の中でも
特にマイナーに分類されるであろう大須賀乙字についてを
メインに据えたブログであるので、
転載する記事も
マイナー路線にしてみようかな
と。

作家名か作品名で検索かけて
少ないやつから転載するってどうでしょう?

ということで、
さっそく放置サイトに感想を載せている作家名を
かたっぱしから検索にかけてみました。


これが結果です

マイナー度
1位 フランツ=オリヴィエ・ジーズベール
 フランスの作家です。多分日本で出た本は一冊だけ。
なので、この順位は分かります。
今回しらべたら、ジャン・レノ主演の映画の原作もしたことがあるみたい。
でも、この順位です。

2位 ベルナール・ウエルベル
 こちらもフランスの作家です。が、この順位はちょっとショック。
日本語訳された作品がひとつふたつではないのに!角川文庫でも出たのに!

3位 ジャメイカ・キンケイド
 カリブの島国出身の作家です。
何となく、このあたりに来てもおかしくないかも。

4位 P・F・ラーゲルクヴィスト
 スウェーデンの作家です。ノーベル文学賞受賞作家です。
ただし、1951年受賞ですが。
ちなみに、ペール・ラーゲルクヴィストとWikiにあったので、
その表記で検索かけたところ、順位をぐっと落しました。
が、20位圏内は楽々のマイナーさ。

5位 アン・マイクルズ
 カナダの詩人で作家です。
日本で出てる本も少ないのでこの順位も仕方ないかな。

6位 シーリア・フレムリン
 イギリスの女性ミステリー作家です。
マイナーだろうなとは思いました。はい。

7位 ジル・マゴーン
 こちらもイギリスの女性ミステリー作家。
やっぱりマイナーなんですね。残念ですが。

8位 ペトル・ヤルホフスキー
 チェコの作家です。映画の原作本なんだそうで、
この順位は多分それが足をひっぱってますね。

9位 ターハル・ベン=ジェルーン
  モロッコの作家です。
日本語訳された本は少ないくないんですが、モロッコですからねー。
この人もWikiに載ってました。

10位 ヤロスラフ・ハシェク
 チェコの風刺作家。ちゃんとWikiにも項目のある人です。
岩波文庫から「兵士シュヴェイクの冒険」全四巻とか出てますよね。

11位 デイヴィッド・プリル
12位 ジョナサン・レセム
13位 ジョルジェ・アマード
14位 リチャード・ノース・パタースン
15位 ナギーブ・マフフーズ
16位 ジャン・ヴォートラン
17位 アリステア・マクラウド
18位 ジム・クレイス
19位 ダニエル・ぺナック
20位 ロジェ・グルニエ

さて、あなたの好きな作家はいたでしょうか?

という訳で、これからポツポツとマイナー度の高いものから
転載して行こうと思います。



ちなみにマイナー度のワースト10は

10位 カズオ・イシグロ
9位 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
8位 マーガレット・ローレンス
7位 ポール・オースター
6位 カレル・チャペック
5位 レベッカ・ブラウン
4位 トーベ・ヤンソン
3位 アン・タイラー
2位 バリー・ヒューガード
1位 莫言

1位の莫言は桁が違いました。さすがネット時代のノーベル文学賞。
ちょいちょい意外な名前がランクインしたような気がしますが、
どうなんでしょうね。
あ、名前だけで検索したので、
カレル・チャペックには
もちろんあの紅茶のブランドが結果に交じってます。
スポンサーサイト

 2014_09_05


Comments

 

おはようございます

「マイナー度」の記事、たのしく読ませていただきました。
翻訳小説自体がとってもマイナーなものになっているということを考えると、検索にかかることの少ない作家が続出するのもしかたがないことなんですかね。レセムなんかも忘れられつつあるのかと思うとそれはもうサビシイです。

ということであれば、転載記事を読ませていただくのが、ますます愉しみになりました。また、来させてもらいます。わたしのブログにも来ていただいてありがとうございました。
今後ともよろしく。

jacksbeans  URL   2014-09-06 08:45  

 

翻訳小説自体がマイナーというのは
言われてみればその通りですね。
色々と忘れられつつある作家とか、
最初からあまり知られてなかった作品とか
紹介することになると思います。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
Sima  URL   2014-09-06 18:54  

 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。