スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


妻千代について 千代宛の手紙


六 妻千代について
 千代宛の手紙

今日、1月20日は、大須賀乙字の亡くなった日です。
乙字の忌、乙字忌、または寒雷忌と言います。
38歳でした。当時のように数え年でいえば、
年が明けて40歳になったばかりでした。


けふ来る時はかなしかつた。けれどもよくよく考へるに僕は僕の活動生命の源泉はお前と精一とにあるから、だからもつとお前を愛するばかりだ。お前が僕の心をよく理解してくれなくつてもかまはぬ。只、僕はあくまで愛してやる。愛するほかには僕はどうすることも出来ないのだから仕方がない。お前はきらつてもどうでもいい只、僕は疑はず一心に愛する。お前が僕のいふ事に十分信用しないならば、それは僕の愛が足りないからだらう。それだから僕は只一心に愛する。それより外に僕の生きる道はない。
(大正三年十一月二十三日付 千代宛)

僕は汽車の中で見るものがみなかなしかった。次のやうな句が出来た。
○葉落ち尽して友なし小鳥うづくまる
鳴きもしないで只一羽とまってゐる小鳥がかはいさうだった。
○溝落葉嗅いで親呼ぶ子犬かな
子犬の姿は見るにたへぬのであった。
○輪くづれの鳥落つと枯野ひた暮るる
枯野の景色は淋しいものだ。
○心一つに石握り来し枯野かな
一心にお前の病気のなほるを祈りつつ行く気持をよんだのだ。
○ひつひつと梢巻く風の冬日かな
かなしい心で景色を見たものだから、かういふ句ばかり出来た。

(同十一月二十三日付 千代宛)

僕はいそがしい思ひなどし、かうやつて真面目に勉強してゐるけれども愉快なことは少しもない只、湊に行く日を楽しみにしてゐる。けれども湊に行つてお前のそばに行くとお前がまた僕をいぢめるだらうとそんな気がする。お前はきつと又僕をいぢめるだらう何だか心細い。そんなことはないだらうか。お前の目に僕は愚物のやうに見えるだらうな、この鬼神をもとりひしぐやうな気象も一方にあるのだけれど。僕は文壇がいやになり俳壇などいよいよいやになつた。
(大正三年十二月四日付 千代宛)

あゝ風がふくふく。精坊はいま泣いてゐるだらうか、お前は今寝てゐるだらうか。たよりもきかず、かうしてをる僕は今机に向つて考へ込んでばかりゐた。(中略)お前ほんとにどうしたの、もしか何ぞ又腹立てゝをるのではあるまいか。もし腹立てゝゐるならそれはきつと身体の工合がわるいのではなからうか気にかゝる。何か気にくはぬ事あらばどんどんかいてよこしてくれ。お前、僕がどんなに便りを待つてをり便りがないと心配し元気がなく、何をするのもいやになり、かうがつかりしてゐたら病気になりはしまいかと思ふほどだよ。何でもありのまゝ思ふまゝに書いてよこしてくれ。
 精ちやんや、おとなしくしてお母ちゃんのいふ事をきくのですよ。お母ちやんのいふ事をきけばお父ちやんが迎へに行つてあげるよ。お母ちやんを疲れさしてはいけないよ。精ちやんおとなしくすればお父ちやんがいゝものを買つてあげますよ。精ちやんはけんくわするのではありませんよ。おとなしくするのですよ。
 僕の胸は嵐にもまるゝ林の梢
 巣を離れ来し雄鳥の
 安けくもなき心のさわぎ。
 子をかゝへたる雌鳥いづら
 弱き羽がひにぬくめ鳥
 そのふところをすりぬけて
 危く走る枝うつり
 風にとられむ足もとを
 あと追ひゆくか母鳥は。
 あらしの中は巣守りして
 声さへ立てずひそみをる
 其つま鳥を恋ひわたり
 もし鳴く声を聞かむかと
 耳たてをれど
 とうとうと吹き立つる嵐やまねば
 しづ心なくおのゝき居るかな。 ─二月四日夜─

(大正四年二月四日付 千代宛)
スポンサーサイト

 2015_01_20


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。