スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


リチャード・カリッシュ「THE ZOO」



今年最後の本が、
コレってどうなんだと
思わないでもないものになっちゃったけど、
来年一回目に回すよりはマシかも。
絶対に万人受けはしない、
と断言できる一冊です。




リチャード・カリッシュ「THE ZOO」
講談社

マイケル・フェレットは、
動物世界の両巨頭、
ぬけめのない資産家スライ・フォックスと
戦争好きのムエルテ・バザード(アメリカハゲタカ)を伴なって、
老賢者アウルの元へ訪れた。
近ごろ精神生活を大切にするあまり、
彼らの生存本能が徐々に弱くなって来ている
という危険な動物世界をいかにすべきか…。

アウルの
「動物世界においては無知こそ幸いなり。
動物は食物だけで生きていける」
をスローガンにし、彼らは動物世界を思うがままに牛耳る。
それは、
アウルのスローガンと意見の異なる思想家などの危険分子を
「動物園」に監禁し、
徐々に動物世界に恐怖政治を敷いていくのだった。

うへ~。なんとも言えない救いのない怖い話。
ジョージ・オーウェルの「動物農場」っぽい話なんですが
(というか、完全に「動物農場」を意識して書いてるような雰囲気)、
本書はなんとも不思議なことに、
彼ら4匹のアジテーションによってやすやすと進んで行くんですよね。
そういうストーリー展開はちょっとゆるいかなぁとも思わないでもないけど、
どんどん悲惨な状況へと転がっていく暗い熱さがなんとも…。
二転三転する展開の中に一瞬の救いが見えたかと思うと
あっさりと世界は四匹の手の中へ落ち着いてしまうし。
ううっ、
なんて本を読んでしまったんだ…と思いながらも、
最後まで見届けなくちゃ収まらないのですよ。
面白くないわけじゃないけど、楽しくない。
そんな感じかなぁ。風刺もので全然笑えないのはつらいなぁ。

「動物農場」といえば、
「アニマルファーム」という映画を観たことがあるでしょうか?
これが児童文学の名作映画化「ベイブ」を手がけたスタッフが
製作したというやつで…。
パッケージは一見いやどうみても子供向けの映画です。
子供向けに見せかけて、
でも中身はまるっきり「動物農場」なの。
我が家の子供たちはうっかりコレを借りて観てしまい、
随分怖い思いをしたらしいです。
(2005年6月)




リチャード・カリッシュなる作家がどういう人か、
わたし以外のこの本を読んだ人が
どういう感想を持ったのか。
実はよくわかりません。

名前だけをGoogleで調べて、
その検索結果の数だけで競う
「わたし調べマイナー度」で18,500件という数を
たたき出しておきながら、
ほとんどが本のネット販売と図書館の蔵書のページに
行き着くという。
うーん。
とりあえずわかったことは、
少なくとも日本では本書しか出てないらしいということ。
スポンサーサイト

 2014_12_31


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。