スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


五 新傾向の終焉  「ホトトギス」雑詠欄復活



五 新傾向の終焉(明治四十四年~
 「ホトトギス」雑詠欄復活

さて、
ここでまた「ホトトギス」がその頃
どんな感じだったかを
見てみたい。

以前の記事で
明治四十一年八月に「日盛会」が行われ、
その最終日に
高浜虚子が
「小説に専念するためにしばらく俳句を中止する」宣言を
したと書きました。
「国民新聞」俳句欄の選者も、虚子から松根東洋城にバトンタッチ。

では、明治四十四年頃はどうだったか。
実はこの頃、「ホトトギス」は経営難に苦しんでたんだとか。
文芸誌として小説にぐぐっと舵を切った「ホトトギス」ですが、
夏目漱石が「我輩は猫である」「坊ちゃん」などを寄稿してたころは
好調だったみたい。
でも
その漱石が新聞社に入社して、今までのように寄稿してくれなくなると
読者が減って来て、
最盛時の三分の一強に売り上げが落ち込んだんだとか。
河東碧梧桐選の「日本俳句」の投句数と
奇しくも似たような減少率……
なんて、
そもそもの分母の数が違うんで。
で、この売り上げの減少は
虚子の生活にも「ホトトギス」の存続にも掛かる大問題なわけ。

そこで虚子は「ホトトギス」再興をかけて、紙面を刷新することに。
坂本四方太や内藤鳴雪などとの相談を経て、
「ホトトギス」は「ホトトギス」同人の寄稿をメインとする
という方向に定めたらしいです。

実は、虚子としては、
この際俳句を全廃したい
という方向で考えてたらしいんですが、
鳴雪の大反対や、
各地の「ホトトギス」同人から俳句復活の強い願いがあって、
断念したんだとか。
内藤鳴雪がいなければ、
今の「ホトトギス」、
というよりは、現在の俳句状況はなかったかも。

まあ、そんなこんなで
明治四十五年「ホトトギス」五月号に
虚子選の雑詠吟募集の告知が小さく掲載されます。
同号の「消息」欄で、
虚子が書いている文章がけっこうあけすけで、
「取り敢へず雑吟の選でも思ひ立ちたる儀に候。」
とのこと。

この頃の「ホトトギス」は、読者が減少、投句数も減少、
選者もだんだん不熱心になって、
原稿が届かないこともあったとか。
そんな現状を打破しようと始まった雑詠吟募集。
これが、なかなか熱い歓迎を受けます。
しかし、紙面の割合からしたら、ホントちょっぴりで、
第一回は、入選句二十四句。
一番最後の「消息」欄の終りの余白を埋める程度だったらしいです。

この「ホトトギス」の俳句復活について、
大須賀乙字は、俳論「現俳壇の人々」の中で、
小説に行き詰って俳句に戻って来たものである
と見てます。
また、
『大須賀乙字伝』では
石井露月が
「虚子は商略として俳句に復活したのである」と言ったとあります。
ともあれ、「ホトトギス」俳句復活の巻でした。
スポンサーサイト

 2014_12_28


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。