スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


シャーロット・マクラウド「にぎやかな眠り」


いつもは
わたし調べマイナー度の高い順から
過去に読んで感想を書いてたものをアップしてるんですが、
今日はクリスマスイブなので、
クリスマス関係の本の感想をアップします。

シャーロット・マクラウド「にぎやかな眠り」





シャーロット・マクラウド「にぎやかな眠り」
創元推理文庫

クリスマスの到来とともに、
バラクラヴァの町並みはにぎやかなイルミネーションに覆われます。
聊か過剰なぐらいに。
かねてから
この騒々しいバカ騒ぎを苦々しく思っていた
バラクラヴァ農業大学のシャンディ教授は、
毎年毎年
グランド・イルミネーションに協力しろ
とうるさくせっつく親友の妻ジェマイマに一矢報いようと
嫌味なぐらいど派手に家を飾って自分はすたこら船旅へ。

しかし根の善人なシャンディ教授は
船の故障をきっかけにして自宅へ恐る恐る戻ってみますが……。
彼の家で待っていたものはなんと、
ジェマイマその人の死体だったのでした。
超強力で超強引なスヴェンソン学長から
「この面倒の張本人はきみだから後片付けもや
と厳命されたシャンディ教授は、
とまどいながらも事件の解明に動き出します。

シャーロット・マクラウドが創作した
バラクラヴァ郡、バラクラヴァ農業大学で起こる殺人事件、
ということで、
物語はほとんどこの大学内で進行します。
なので登場人物も大学関係者がほとんど。
でも、このバラクラヴァ農業大学は
他の大学と違う独自のシステムが息づいてて、
生々しい無意味な派閥争いなどはほとんど登場しません。
登場人物たちの年令も中年、壮年、初老、老人たちがほとんど。
学生の本分は勉学という事なのか、
背景の点描としての扱いがせいぜい。
で、
このおじさん、おばさんたちがみんないい味出してるんですよ。

主人公であり探偵役を仰せつかるシャンディ教授は
独身中年(初老といってもさしつかえないかも)で、
カブ(野菜の)の新種開発という地味な専門分野の御仁。
彼の親友であり
本書で死体となってシャンディ教授に発見されたジェマイマの夫の
ティム・エイムズ教授は
長年横暴でおせっかいでおしゃべりな妻の圧政に耐えてきた
こじんまりとしたお耳の遠いおじいちゃんで、
内気でマイペースなキュートな方。
一方シャンディ教授に探偵役を押し付けたスヴェンソン学長は
泣く子も黙る巨漢でやり手。

女性陣も魅力的。
ジェマイマの亡き後、
耳の遠いティムの家を切り盛りするために呼ばれてきた
エイムズ家の親戚のヘレン・マーシュは
頭が良くてキュートな40代の中年女性で、
ここでネタバレしちゃいますが、
シャンディ教授のパートナーとなって
今後のシリーズでも魅力を発揮してくれます。
特筆すべきはスヴェンソン学長の奥さん。
その美貌に加えて夫の操縦法に長けた素敵な女性です。




シリーズは10作ほど出てると思います。
そのほとんどが本書と同じく創元推理文庫ですが、
何故かいくつかは扶桑社ミステリー。
なんででしょうか。本棚にシリーズとして並べたときに、
きれいに並びません。
まあ、
わたしの本棚ではあまり関係の無いことですが。
スポンサーサイト

 2014_12_24


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。