スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


イシュメール・リード「マンボ・ジャンボ」



イシュメール・リード「マンボ・ジャンボ」





イシュメール・リード「マンボ・ジャンボ」
国書刊行会

この本は1920年代、
ニュー・オーリンズで発生した精神の伝染病
ジェス・グルーの物語を描いた物です。
これに感染すると、人は熱狂的に踊り出します。
ジャズを媒介として全米に広がりゆくジェス・グルーと、
それを西洋文化への驚異として食い止めようとする人々。
西洋の裏社会を牛耳る太陽神崇拝者「壁の花教団」VS昼間の呪術師であり
ヴードゥー探偵パパ・ラパスの果てなき攻防戦を描いた、
何が何だか訳がわからないながら
すっごいパワーに圧倒されまくってしまった作品。

前半の千路に拡散された断片が
中盤からぐっと一つの物語に集り出すと
もう止まらない面白さでした。

実際のところ、
訳者あとがきには、
「白人中心の歴史観を脱構築」
「ネオ・フードゥーイズム」など、
何だかわかるようなわからないような言葉が
ずらっと並んでましたが、
難しく考えなくてもただただ楽しい物語でした。
(2002年1月7日)




作者のイシュメール・リードは、
アメリカ、テネシー生まれの黒人作家らしいです。
日本で訳されてる本自体があんまりないみたいで残念な作家の一人。
スポンサーサイト

 2014_12_21


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。