スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


レイモンド・E・フィースト「フェアリー・テール」



レイモンド・E・フィースト「フェアリー・テール」
早川書房

ファンタジー作家の書いたダーク・ファンタジーで、
ケルトの妖精物語、
又はずばりシェイクスピアの妖精ものを読んだことある人なら
結構面白いかもしれません。面白く読みました。

カリフォルニアから
東部の農場へ引っ越してきたヘイスティングス一家。
作家の夫、元女優の妻、前妻の娘ギャビー、
静と動という感じの双子ショーンとパトリック。

彼らの越してきた農場の裏には、
地元の人たちが夜歩きをさける「妖精の丘」と呼ばれる森が広がっています。
そして、
誰も知らないところで、
ヘイスティング一家を見つめている目があったのでした…。

農場の前の持ち主の謎めいた経歴、
家族、特に子供たちの身に降りかかる不思議で恐ろしい出来事。
この土地には何かある……。
と、言う感じの物語です。

うーん、
前半はヘイスティング一家の中でも、
特に女性陣にスポットライトがあたったような感じになってますが、
後半、というかクライマックスは
かやの外だったのが、
なんか拍子抜けな感じがしないでもなかったですね。
前半というか、ぎりぎりまで
「何か」が何であるかが思わせぶりに伏せられてるところ、
あざといと言うよりも、
ちょっとうざい気がしました。
タイトルがそのものずばりの「フェアリー・テール」(妖精譚)
ってぐらいなんだから、
最初から妖精の姿を出しててもよかったんじゃないのかと思いました。

取り替え子のシーン、
あれは唯のホラーに近い気がします。
もしも、ホラー的に見るとするならば
私の好みだともうちょっと
登場する人間の暗部がねっちり書かれてるとより好きになれたかな~。

と、文句を並べてしまいましたが、
実は結構面白かったで
特に、「悪い生き物」が実は……という所、
やられたって感じでしたね。
(2002/2/27)
スポンサーサイト

 2014_12_15


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。