スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


アレクサンダル・ヘモン「ノーホエア・マン」


アレクサンダル・ヘモン「ノーホエア・マン」
白水社 岩本正恵訳

1994年、シカゴ。
プローネクは、仕事の面接を受ける為にアパートを出た。
外国人に英語を教える仕事の面接だ……。

ヨーゼフ・プローネクは1967年にサラエヴォで生れた。
幸せな幼年時代を過し、
英語教室で教わったザ・ビートルズの曲を愛した。
思春期には親友ミルザと共にザ・ビートルズのコピーバンドを結成し、
恋をし、
青春を謳歌した。
一年間の軍隊生活の辛さは両親には一言も告げず、
ただ一人、ミルザとその辛い胸のうちを手紙で語り合った。
若く有望なジャーナリストとしてアメリカに招待されたのは1992年1月だった。
そして、突然のユーゴ紛争。

作者アレクサンダル・ヘモンは、
旧ユーゴスラヴィアのサラエヴォ出身の作家。
主人公プローネクとほぼ同じ様に、
若きジャーナリストとしてアメリカへ招待されている間に
ユーゴ紛争が起こって、
母国へ帰る事が出来なくなったのだそう。
自伝的要素の強い作品なのかもしれません。

物語の構成は、
アメリカでの生活、
サラエヴォでの誕生から母国を出るまで、
アメリカへ招待されるきっかけとなったキエフでのサマースクール、
アメリカにいるプローネクのもとに届いたサラエヴォのミルザからの手紙、
そして再びアメリカでの生活、
という、
微妙に時間をずらしたいくつかの章となってます。

アメリカ、シカゴでの生活に漂う、
異国人としての強い意識。
これがこの作品の芯となっているように思いました。
タイトルの「ノーホエア・マン」も、
彼が母国で愛していたザ・ビートルズの曲というだけでなく、
異国で「外国人」として生きていく人生の所在無さや孤独感を
ストレートに表わしたものなんでしょうね。
繰り返し出てくるアメリカ英語の正誤や
アメリカの国外のさまざまな紛争のニュースなどに、
じわじわと
プローネクの
なんとも表現のしづらい疎外感のようなものを感じます。
彼自身がそういうことを言動で表わしているわけではないのですが、
余計にその感を強くさせるように思えました。

物語の前半と後半を分けるように、
ぽつんと置かれたミルザからの手紙。
これが、
その内容もさることながら、
受け取ったプローネクがたどたどしい英語に翻訳している
という形を取っているのが印象的でした。

文体、語り口、
そういうもの自体はさほど重いと思われるほどではないのですが、
読後に深い感慨が沸いてきます。
この物語に語られなかった部分の重さ、深さが感じられるからでしょうか。
(2005年7月19日)




奇しくも
明日、12月8日は、ジョン・レノンが亡くなった日ですね。
順位操作とかしてないんだけど、
なんとなく、ここに書き加えるネタが出来てよかった。
まあ、12月8日は開戦日でもありますが。

この本は、当時わたしがよく覗いてた読書サイトで、
2004年のベスト本に推す人が多かったので
気になってた本でした。
スポンサーサイト

 2014_12_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。