スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


レディ・フォーテスキュー「プロヴァンスの青い海と空」



レディ・フォーテスキュー「プロヴァンスの青い海と空」
読売新聞社

楽しい本でした。
この本はイギリス貴族のレディ・フォーテスキューが、
夫の病気静養のためプロヴァンスへ移住した当初の
エピソードや雑感を書き綴ったエッセイです。

美しく豊かな自然に恵まれたプロヴァンスの地。
のんびりやで人情篤く、
頑固でちょっと抜け目ないところもあるけれど、
とにかく人懐っこくて屈託のないプロヴァンスの人々。
彼らの言動に呆れたり和んだり笑ったりの楽しい日々が描かれていて、
レディ・フォーテスキュー共々幸せで豊かな気分になってしまいました。

彼女の家の雇い人であり家族の一員、
そしてプロヴァンス生活の師である
ハウスキーパーのエミリアと庭師のイレーヌのキャラクターが
とても生き生きと紹介されてて、
私も彼らが大好きになってしまいました。

異国の地で、
言葉も風習も考え方も異なるという環境の中、
著者レディ・フォーテスキューがめげることなく暮らして行けたのも、
この二人がいてくれたからなんでしょうね。

産まれたときからの貴族ではないからでしょうか。
彼女の人々を見る目に高さをあまり感じなかったのも、
読んでて心地よかったです。

そうそう、
表紙のカラーイラストと
中のモノクロの挿絵を書いているのはE・H・シェパード。
「くまのプーさん」などでお馴染みの挿絵画家です。
彼のユーモラスな挿絵がまた素敵なんですよね。
(2002年12月28日)
スポンサーサイト

 2014_11_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。