スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


セルゲイ・ドヴラートフ「わが家の人びと ドヴラートフ家年代記」



セルゲイ・ドヴラートフ「わが家の人びと ドヴラートフ家年代記」
成文社


面白かったです。

ロシアで生きる
あるセルゲイの一族の人々を
一人一人挙げていくという形の短編集なんです。
20世紀の激動の
(とはいえ、あんまりよく知らなかったんですが)
ソ連の政治的な歴史を背景にして、
平明なゆったりとした文体に
ユーモアとペーソスを漂わせてて、
すっごく良いんですよ。

私の中でのイメージだと、
ロシアの人ってやっぱり
ソ連時代の「鉄のカーテン」の向こう、
国営の仕事場で淡々と仕事をこなして、
ウォッカ、無愛想、無口、赤ら顔という……
なんて貧弱なイメージ。

でも、
多すぎるぐらいに血が通ってて、
あー、なんてあったかいんだろう。
ああ~、
ホント目からうろこの面白さでした。

冒頭のひいおじいさんのエピソードなんかが象徴的で、
おもしろくてしみじみ悲しい、
とにかくすっごく面白かった本でした。
(2002年5月11日)




作者セルゲイは、ロシアの作家。
といっても、旧ソ連時代はジャーナリストから地下出版、
西側の雑誌にも発表したために、ジャーナリスト組合から除名されたんだとか。
1978年にウィーンに亡命。
その後アメリカへ移って作家活動をしてた人みたいです。
本書も、アメリカ時代に書かれたもの。
ちなみに、ソ連崩壊後は、ロシアでも多数の作品が出版されて、
愛された作家らしいですよ。
スポンサーサイト

 2014_11_21


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。