スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ながぐつをはいたねこ

Category: 絵本 de 俳句  


絵本 de 俳句

ながぐつのかかとを打って豊の秋 Sima

ながぐつをはいたねこ
文 小沢正
絵 鈴木康司
ひかりのくに

naga001.jpg

ながぐつをはいたねこ
はい、
みなさんご存知の昔話です。

貧しいこなひきには三人の息子がいた。
こなひきが死んで、
残った少ない財産を三人で分けることになる。
長男は水車小屋、
次男はロバ、
末っ子は、ねこしかもらえなかった。
がっかりしている末っ子に、
猫は
「まあ、そんなにがっかりしないで。
私に長靴を一足と、ふくろを一つ作ってくれたら
私も役にたちますよ」
と、持ちかけます。
長男は別として、
次男三男がロバ一匹、猫一匹しかもらえないという
恐るべき貧しさの中で、
ほいほいと長靴とふくろを用意出来るのも
なんだか不思議ですが。
まあ、そこから
めくるめく猫と末っ子のサクセスストーリーが始まるわけです。

naga02.jpg

わたしは、
子供の頃からこのお話が大好きでした。
何より、末っ子が王様に名乗る嘘の名前が好きでした。
カラバこうしゃく。
こうしゃくは公爵でしょうか侯爵でしょうか。
妖しげな響きがいいですね。
今でもなんだか惹かれる語感です。

naga03.jpg

さて、お話や名前もさることながら、
この絵本の良さは、
やっぱり
絵!
ねこの迫力が違います。
その辺の賢いだけの長靴をはいた猫とは
一線を画す、
この力強さ。
実は策を弄すことなく
力ずくで魔法使いをやっつけることも
出来なくないんじゃないかと思われます。

naga04.jpg

この絵を描いているのは
鈴木康司とクレジットされてますが、つまり
スズキコージ。
晩秋を思わせる深い色合いが素敵な絵本です。

スポンサーサイト

 2014_11_20


Comments

絵のある本の魅力 

こんにちは。
カリメン2号です。

小説でもそうですが、絵のある本て魅力的ですよね。
絵本に限らず、小説やマンガなども、カリメン2号は好きです。
小説などは、表紙だけを見て買った本が面白いと、とても得をした気分になります。
カリメン2号  URL   2014-11-20 21:12  

 

こんにちは。
わたしも小説やマンガが好きです。
でも、小説の表紙買いはしたことがないなぁ。

「ゲイルズバーグの春を愛す」は、内田善美さんの表紙が素敵で買ったんでした。
Sima  URL   2014-11-20 23:44  

 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。