スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


俳句に詠めるもの詠めないもの


俳句に詠めるもの詠めないもの

時々、
そうだ、これを俳句にしよう!
と、思うものがある。

それを俳句の形にすることができるものもあるけど、
その多くは、
結局形にならなくてあきらめてしまう。

例えば、
寝起きの猫があったかくて、とても乾いていることを、
俳句にしたいのだけど、
未だに成功しない。

例えば、
さして繊細でもないはずのビニール傘という壊れやすいもの
ということを詠みたいけど、
どうにも形を整える自信が無い。
ビニール傘の壊れやすさ(さして繊細でもないのに)
の、()の中のわたしの予断が
少なくとも、わたしの俳句と相性が悪いんだろうな。

赤の他人と家族してるって不思議だなって気持は
俳句に出来た
と、思う。
この時は
冬の月つくづく夫といふ寝嵩
と詠んだ。


俳句の形に出来るもの、出来ないものの違いは
何だろう。


この間から、たまに短歌にチャレンジしてて、
最近やっと、五七五七七の形に出来るようになったかなと
思う。

明日着る服・靴・鞄・挨拶のテンション決めてまぶたを閉じる Sima

きっと、こういうことは、
俳句じゃ詠めない。

一つの俳句に詠めることは少ないから、
いくつも俳句を詠むんだろうな。
スポンサーサイト

 2014_11_17


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。