スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


映画の話 2

Category: 自己紹介代り  


実は昨夜、
夫に付き合って
「宇宙戦艦ヤマト2199追憶の航海」を観て来ました。
実は、わたしはヤマトに関してはほとんど知りません。
まあ、一回断ったんだけど、
淋しそうだったんで、ほだされて行く事に。
感想は、
話の展開がスピーディで(テレビシリーズの総集編なので、お約束&削ったところは

察してね状態?)
戦闘シーンもスピード感がありました。
とにかく、ヤマトが、
というより沖田艦長が宇宙の暴れん坊のようでした。
やりたい放題やな。
あとのクルーは草食系男子とおしりプリプリさんたちだけだというのに。
敵のガミラス人たちの人間(?)ドラマは面白かったです。
でもヤマト側の人達は、魅力も印象も薄いかな。
あと、健康に不安のあるじいさんを宇宙船の艦長にしちゃいけません。
主人公の古代くんとヒロインのゆきさん、
そんな雰囲気いっこもなかったのに、ラストでいきなりラブラブモード。
ま、ヤマト知らないっていっても、二人が恋人なのは知ってましたが。
もう一つ知ってた「何もかも懐かしい」みたいな、
ラストで沖田艦長が言う科白。

言わせないんかい。
「あー、ここでそう言ってるんだな」とわかるように、
口パクで艦長が何か言って、ガクッとなるシーンに、
水城奈々のエンディングテーマがかぶります。
余韻とか、達成感&感動とか、全然無しか。
新しいな。


昨日の続きの映画の話

かっこいい部門は
「ダウン・バイ・ロー」と
「マドンナのスーザンを探して」
「ダウン・バイ・ロー」について思い出そうとすると、
どうしても真っ先に、
ロベルト・ベニーニ演じるイタリア人ボブの殺人の話が出て来る。
賭け事の諍いで、
投げられたエイトボールをボブが投げ返したら、
頭に当たって、死んでしまったという。
あんまりかっこいいシーンじゃないけど。
「マドンナのスーザンを探して」のかっこよさは、
マドンナが、公衆トイレで髪や脇を洗うシーン。
衝撃的にカッコいいと思いました。
その衝撃のあまり、それ以外はもう覚えてない。
高校生の時。
あの衝撃的カッコよさを超えるものがまだありません。






青春部門は
「グリニッチ・ビレッジの青春」。
「ヤングガン」…いや「若き勇者たち」とも思ったけど、
結局こっちにしました。
50年代アメリカのちょっと尖った若者たちのほろ苦い青春。
土曜の深夜のテレビで流れてて、
退屈そうだなと思ったけど、ついつい最後まで見てしまった。
ヘンなノリの暗さが青春だなぁ。




ケビン・ベーコン部門は
「トレマーズ」!
すかしたキャラじゃないので、
鼻の穴が他の映画より2割増し。
明るくて楽しいモンスターパニック系ケビン・ベーコン映画です。
ところで、
ケビン・ベーコンは
どんどんジム・キャリーに近づいていると思うんですが
どうでしょうか。




ここ最近妙に思い出す部門は、
「天使にラブソングを2」。
「天使にラブソングを」について、
連れ連れなるままに・・・様で読んだことと、
脳腫瘍で余命2ヶ月の女子大生がバスケットの試合に出て、
全米でそれが中継されたというニュースの所為。
この女子大生の名前が、ローレン・ヒルさんっていうんだって。
なので、
あー、「天使にラブソングを2」のローリン・ヒル可愛かったなあと
ついつい思い出してしまうのでした。
「オーハッピーデー」のソロの少年の歌声も可愛かった。




ヤマト話を付け足したら、
相変らず長ったらしい記事になってしまいました。
申し訳ない。
というわけで、
明日もう一回、
映画の話を続けます。

スポンサーサイト

 2014_11_09


Comments

天使ラブソングを2では…。 

こんにちは。
カリメン2号です。

初めてコメントを書かせていただきます。
天使にラブソングを2では、まだ無名であったローリン・ヒルがリタ役で出演していました。
やはり歌唱力では、頭一つ飛び出ていたように思います。
カリメン2号  URL   2014-11-09 20:49  

 

コメントありがとうございます。
そうか、まだあの映画の頃は無名だったんですね。ローリン・ヒル。
あのあと、どどっとスターダムにのし上がったわけですね。
Sima  URL   2014-11-09 23:07  

 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

映画評論24

宗教繋がりではないのですが、もうすぐクリスマスです。 気が早いカリメン2号は、クリスマスが近くなると、ワクワクしてしまいます。 まだあと一カ月以上もあるのに。 今回は、なんとか映画評論をアップする事が出来ます。 楽しみに見てくれている人には、お待たせしました。(そんな人が居るかは、微妙ですが…。) まぁ、ともかく今回は映画評論なのですが、新作映画の評論ではありません。ネタばれなどが...

[ 連れ連れなるままに・・・ ] 2014-11-19 12:12


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。