スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


フェイ・ミエン・イン「骨」


フェイ・ミエン・イン「骨」
文藝春秋

アメリカの中国移民2世の女性の物語。

豊かさを求めて香港から渡って来たが、
現実は貧しい毎日に埋没するように暮らしている両親。
いずれは大金を持って本国へ凱旋する
つもりも今は消えはて、
アメリカに骨をうずめる覚悟をしている。
そんな大人たちを見ながら
チャイナタウンの片隅で育った
2世の3姉妹の長女レイラの目を通して、
崩壊寸前の家族の記憶が綴られてます。

レイラが幼い時に夫に捨てられた母が再婚。
その後生れた下の二人の妹とは、
年齢的な差もあって家族の記憶に微妙な違いがあり、
それが彼女たちそれぞれのその後の人生の違いを生み出したとも言えます。

親を見捨てる訳にもいかず、
かといってチャイナタウンの中で生きていく自分へ
未来を見出せずにいる長女。
チャイナタウンの閉塞状態の中で喘ぎながら、
とうとうビルから飛び降りてしまった次女。
あっさりと家族の記憶の外、
チャイナタウンの外へ飛び出して後を振り向かない三女。

リサ・シーの「ゴールドマウンテン」は
アメリカで成功した中国人の一族を
ずっと奥まで掘り下げた物語だったけど、
こちらは貧しいアメリカ移民の2世が、
自分自身と両親ぶんの記憶の中で、
その記憶に囚われて前に進めずに苦しむ物語。

特に
記憶の中でも新しい記憶である
次女の死が家族を閉塞状態へ向わせています。
レイラの結婚問題から過去の記憶へ、
そして一つの踏ん切りを彼女がつけるまでの、
本としては薄いものだけど、
長くて重い過去をつづった物語。
長々と言葉を弄して語らないけど、
ずしっと響く重さがありました。

駄目な父親レオンが
切なくもどことなくキュートでしたね。
(2001年9月25日)
スポンサーサイト

 2014_11_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。