スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


新傾向の発見 「日本俳句鈔」


三 新傾向の発見(明治四十年~四十二年)
 「日本俳句鈔」

河東碧梧桐が旅立った翌月、
碧梧桐選の「日本俳句鈔」第一集が刊行されます。
上下巻で
「続春夏秋冬」にそのままつづく
明治四十年から四十二年までの二年間の「日本俳句」を中心に選んだもの。
「日本俳句鈔」というぐらいですから、
前に出したものより、ぐぐっと「日本俳句」寄りなわけです。
そして
大須賀乙字の句に関していえば、
「続春夏秋冬」では百十五句掲載されていたんですが、
こちらではぐっと少なくなります。
選集の規模が全四巻から全二巻になっていることも
まあ、
理由としてはあるんでしょうが、
それ以上に
乙字自身があまり句を作ってなかったんだと思われます。
以前にも書いた通り、
大学卒業を目指して俳句を控えてたり、
その後の就職とか、
あと、
この辺りから俳論が多くなってますから。


柔和なる甲之の面差より激しく見え乙字の優しき言葉記憶す 土屋文明

土屋文明が乙字と出会ったのも
この頃らしいです。
伊藤左千夫の家に身を寄せていた文明が、
左千夫の使いで三井甲之を訪ねてったら
そこへ
乙字もやってきたんだとか。

甲之が文明を乙字に紹介し、
これから働きながら勉強することになっている
というと
乙字は文明の働き口についてあれこれとアドバイスをして、
なんか親切な人だって
文明は思ったらしいです。
多分ですが、
アドバイスを求められて色々提案した
んではなくて、
聞かれもしないのに
色々言ったんじゃないかなぁ。
そんな人だったらしいです。
乙字は。
 
ちなみに
上記の歌は
『大須賀乙字伝』の序歌として掲載された、
(「アララギ」昭和三十九年十月号所載)
とある五首のうちの一つ。
スポンサーサイト

 2014_10_26


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。