上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--




カズオ・イシグロ「女たちの遠い夏」

これは凄いです。好きかも。
前半はね、
わ~、ヤな女しか登場しないの?って思ってたんですが、
気がつくとすっかり引き込まれてました。
今、何度か感想を書き直して見たんだけど、
どうも上手く書けないみたい。
あらすじは抜きにして直接思った事だけを書きますね。

ヒロインである悦子と、
かつて日本に住んでいた頃に出会った佐和子という女性。
この別々の人生を生きる二人の女がいつしかシンクロして見える辺り、
ゾクッとするほどの凄さがありました。
でね、
も一つ鳥肌ものの凄さは、
悦子の苦い後悔や悲しみについて、甘い許しを与えてない所。
批判すらしていないというこの客観性、
これがカズオ・イシグロなのかぁって溜息ものでした。

そうそう、カズオ・イシグロの視点って、
日英の狭間にあるというよりは
どちらかといえばイギリス人としてのそれって感じがしました。
日本の描写に違和感があるって意味では無いんですが、
イギリスでの悦子と娘ニキのエピソードにそういう感じを受けました。
(読了日不明)

スポンサーサイト
 2016_10_15




カズオ・イシグロ「わたしたちが孤児だったころ」

時代は20世紀の真ん中ぐらい、
イギリスで駈け出しの探偵として暮らす青年クリストファー。
彼には幼い頃両親を相次いで失うという辛い過去があった。
長じた彼が探偵となったのも、
両親を探すという目的があったためだった。

このクリストファーの探偵としての華やかな日々に挿入される過去の日々。
それは両親と共に暮らしていた上海での日々だった。
貿易会社で働く父、アヘン貿易に反対する運動をしている美しい母、
そしてかけがえのない友達だった隣家の日本人少年アキラ。
砂上の城のごとき危うさを含みながらも
幸せに暮らす少年クリストファーだったが、
父が姿を消し、誘拐の捜査がされているうちに、
母もまた連れ去られたのだった。
探偵として名を馳せた今、
中国国民党と日本軍との戦火がまさに世界中に広がろうとしている中、
再び彼は上海の地に、両親を探しに降り立ったが……。

いや~、面白かったです。
特にクリストファーとアキラの織り成す
少年の日々のエピソードは素敵でした。
がっ、
上海についてからいきなりクリストファーが
ぶっこわれちゃうのには参ってしまいました。
なっ、何なの?
この狂信的な利己主義は。
もぅ、私はただただアキラの為に泣きました。
いや、泣くまではしなかったけど。
(読了日不明)
 2016_10_13




ロバート・A・ハインライン「スターファイター」

これは純然たるSFでありつつ、純然たる青春小説ですね。
宇宙ものでありながら、小難しい公式なんてなし。
とにかく楽しくハラハラドキドキの冒険なんですね。
というか、
わたしが一番好きなのは、主人公キップが、
最後に家へ帰るところだったりします。

宇宙へ行く事を夢見る高校生キップは、
石鹸会社のキャンペーン「月旅行無料ご招待」の懸賞に応募しますが、
残念ながら一等を逃してしまいます。
代りのびっくり賞の商品はなんと中古の本物の宇宙服。
手紙によれば、宇宙服がいらない人は、
送り返せば現金500ドルと交換してもらえるということなんですが、
もちろんキップは宇宙服を換金したりしません。
自分の工作室でコツコツと
その合衆国空軍の払い下げの宇宙服を
実際に機能する様に修理しちゃったりします。
ここまでの話だけでも充分面白いんですよね。
町の人達を巻き込んでの懸賞応募作戦とか、
宇宙服修理の行程だとか。
とは言っても
宇宙服と引き換えの500ドルがあれば、
彼の大学進学の望みも叶います。
「オスカー」と名付けた程に愛着の湧いた宇宙服を手放して
大学進学する決心をしますが……。
オスカーを着込んで最後の深夜の散歩をするキップは
突然現れた宇宙船に乗せられ、連れ去られてしまいます。
自称天才のおませでやんちゃな少女「ちびすけ」が
これがまた魅力的なキャラクターなんです。



ちなみに同名の映画がありますが、
多分ハインラインとは関係はないような気がします。
映画のほうではビデオゲームの腕を買われて宇宙の戦士に、
みたいな感じだった覚えがあります。
その映画と混同されることを嫌った、
という理由ではないとは思いますが、
本書は
「大宇宙の少年」→「スターファイター」→「大宇宙の少年」
と、題名の変遷があります。
ちなみに、わたしが最初に読んだのは「スターファイター」でしたが、
近年になって買いなおしたものは「大宇宙の少年」でした。

このブログに転載している感想は、
2000年から2005年ぐらいに書いたものなんですが、
その間にハインラインはたった一冊しか読んでないみたいですね。
上記の「スターファイター」は、
一人の作家につきお気に入りの作品を一つ
という企画で書いたものです。
で、たった一冊の感想が以下のものなんですが、
2001年、感想というか読了雑感程度の文章なので、
なんだかなぁという感じ。


ロバート・A・ハインライン「宇宙の孤児」

まず、読んでて思ったのは、
SFってしばらく読まないと
なかなかその設定の中に入り込めないなってこと。
本書の場合は、主人公ヒュウに全然魅力を感じなかったから、
余計になじめなかったのかもです。
でも
反乱が起こって航宙士のほとんどが死んでしまった恒星間宇宙船が、
長い年月を経て、
新しい神話を持つ中世的迷信の世界に変貌してる
って設定が好きですね。
<ミューティ>と呼ばれるミュータントの方々もいいな。
(2000年12月10日)

ね、この適当さ。
ちょっと分りにくいと思うので、
補足しておくと、
本書は、<船>と呼ばれる世界の物語。
実は<船>は本当に船なんです。
世代宇宙船バンガード号といいます。
目的地に到達するまで、何度か世代を交代しながら、
長い長い船旅をする宇宙船なわけですが、
これが感想の中でも書いた「反乱」が起ったせいで、
そもそもの目的を失った、
まったく新しい社会が育ってしまうんです。
しかも二つ。
一つは主人公側である<船員>たちの社会。
もう一つはミュータントたちの社会。

というわけで、
奇しくもハインラインのジュブナイル系の作品二つになってしまいました。

 2016_10_12




ダン・シモンズ「夜更けのエントロピー」

河出書房新社の奇想コレクションの第一弾が
本書「夜更けのエントロピー」です。
実はこの本がダン・シモンズ初体験となりました。
「ハイペリオン」「夜の子供たち」「エンディミオン」など
タイトルだけは知ってるんですけど……。
まあ、それはともかく、私にとっての初シモンズは、
なんというか不思議な感触を残すことになりました。
いくつかの作品に関しては、
「さあ、このグロテスクさの極みの果てのオレの奇想におどろけ」
的なあざとさがあるんですが、
よく考えたら、
「奇想」コレクションですからねー。

「黄泉の川が逆流する」
大好きな母の葬儀が終って母の棺が埋葬されると、ぼくたちは家に帰った。
そして母の帰りをみんなで待っていた。
ウィルおじさんは父の決断を認めなかった。
その頃は、世間の「復活主義者」への風あたりが強かったのだ…。
シモンズの処女短編なのだそうです。
うん、これはとても面白かったです。
ホラーチックなゾンビ話とはまったく別ものの、死体復活の技術。
そしてじわじわと壊れていく家族の姿が淡々と描かれます。
ラストは背筋がぞくっとするような……。

「ベトナムランド優待券」
ベトナム戦争をレジャー化させた「ベトナム・ランド」。
水田の上を飛びながら銃をかまえたり、道端でくりひろげられる戦いに、
ガイドに従いながら参加できる。
ジャスティン・ジェフリーズはこのツアーに家族で参加していた。
妻と幼い二人の子供と、
かつてベトナム戦争に従事したことのある妻の父と共に…。
なんというか、とてもアメリカ的な作品ですね。
いつかアメリカに世界中がひれふすような設定と思うのは穿ちすぎかな?
過去の戦争をレジャーとして切売りするという設定じたいが既に怖いです。

「ドラキュラの子供たち」
チャウシェスク政権の終了直後のルーマニアを訪れた国際アセスメント派遣団。
ハロルド・ウィンストン・パーマーも
そのメンバーの一人としてルーマニアを訪れた。
そこで次々と見せられるチャウシェスクの暴政の傷跡。
うはっ。
ここに描かれた悲惨なまでの惨状は、事実なんでしょうか?
その恐るべきHIV患者の子供たちの姿の前には、
この作品の落ちもかすんでしまいます。

「夜更けのエントロピー」
別れた妻が引き取った娘と何ヶ月かぶりで会い、
スキー・リゾートへ一緒にやってきている主人公。
ベトナム帰りの保険調査員の男の記憶をなぞるように、
スキー・リゾートでの父子の姿と男の過去の出来事、
そしてオレンジ・ファイルと名付けられている
自動車事故の事例がコラージュされる。
短編集を読んでいて、割とよくあることなんだけど、
実は表題作が一番その良さがわからなかったりします。
そう、この「夜更けのエントロピー」も、
なんだかどう扱っていいのかわからないんです。
読んでる最中は、
ずっとアーヴィングの「ガープの世界」を思い出してました。

「ケリー・バートンを探して」
高校教師だった男は、車ごと縦坑へ突っ込んで自殺を企てる。
しかし彼は死なず、
かつての教え子ケリー・ダールによって、
不可思議なゲームへと誘い込まれるのだった。
「夜更けのエントロピー」とちょっと似た感触。
幻想的なタッチなんだけど、
ケリー・ダールという少女の姿が鮮やかでなかなか面白かったです。

「最後のクラス写真」
「大苦難」に見舞われ、変容した世界。
死んだ子供たちを外敵から守りながらギース先生の授業はつづく……。
日常、というのが、
こんなにも狂って見えるなんてと思わずに入られません。
え?え?どういうこと?何が起こってるの?と思いながら、
次第にわかり始めてくるギース先生を取り巻く世界の状況。
ひゃ~、そうなのね、とひっくり返りそうになってしまいました。
本書中でこの作品と「黄泉の川が逆流する」 が好きです。

「バンコクに死す」
20年ぶりにバンコクへ訪れた「わたし」は
マーラと呼ばれていた女とその娘を探していた。
それは20年前、
ベトナム戦争でこの地へ来ていた「わたし」とトレーの身の上に
起こった出来事が始まりだったのだ。
ジャングルで精神と命をすり減らす兵士たちの息抜きの時間、
R&Rと呼ばれるバンコクの街での安いドラッグと女遊びの短い日々。
そこにマーラはいたのだった。
インド神話の悪鬼を現代に蘇らせたホラー作品。
これでもかというエグさに、
ついうっかりそのラストの印象が薄れてしまいました。

 2016_10_10




トム・ロビンズ「カウガール・ブルース」

ああ~~。めっちゃめちゃ楽しかったです。
面白かった。
うーん、めちゃくちゃなヘンな話。
どのぐらいヘンな話かと言うと、
トマス・ピンチョンをして
「これは特別な小説だ―魔術を働かせるし、温かくて、おかしくて、そして健全な作品だ。一緒に夕陽に向かって走って行きたくなるような本の一つだ。」
と言わしめてるぐらい。

生まれつきの巨大な親指を持つ
全米最強のヒッチハイカーのヒロインと、
鳥と、彼女達を取り巻く人々の物語。
うーん、あまりあらすじを書くともったいないので
このぐらいしか書けないな。
私の言いたいこと、
ほとんどピンチョンの言葉の引用で足りちゃったし。

遅れてきたビートニク作家、
ヴォネガットやピンチョンらと並ぶカルト作家。
そんな肩書きにも納得の一冊でした。
(2002年10月17日)

 2016_10_09




ジョナサン・キャロル「パニックの手」

これはジョナサン・キャロルの短編集。
11篇の短編が収められています。

なかなか良かったですね。
もしかしたら、私はキャロルの長篇よりも短編のほうが好きかも。
とにかく読みやすかったです。

特に好きな作品は、
10頁たらずの短いものなんですが「秋物コレクション」、
それと表題作の「パニックの手」かな。
「秋物コレクション」は末期癌におかされて、
余命がもうあまりないと知った男の物語。
「パニックの手」は、
妖艶で饒舌な女と吃音癖のある娘という母子と
2等客車で乗り合わせた男の物語です。

「おやおや町」「友の最良の人間」なども悪くなかったけど、
どうせならば、これらは長篇仕立てで読みたかったような
そんな気もします。
(2003年3月2日)

 2016_10_08




ジョナサン・キャロル「犬博物館の外で」

ハリー・ラドクリフは天才建築家で、
いわゆる天才肌の人間というか、まあ一口に言うとやな男。
それを自分で自覚しているだけに手におえないというタイプの男です。
無作法、無神経、
二人の女ファニーとクレアとそれぞれと付き合って
それを隠そうともしない。
ついでに言うと、つい最近まで精神を病んで、
ようやく社会復帰しはじめたところ。
そんなハリーの元に、
中東のサルー共和国のスルタンから建築の依頼がやってきます。
それは「犬博物館」を作って欲しいというものでした。

物語はハリーの一人称で語られ、
過去へ現在へと自在に行きつ戻りつして進行していきます。
そして「犬博物館」に関する現在のストーリーの芯になるのが、
精神を病んでいたとき彼の師となって助けてくれた老シャーマン、ヴェナスクと、
ヴェナスクのペットのブルテリア、ビッグ・トップなのです。
と言っても、「犬博物館」の話が出たころは、
すでにヴェナスクは亡くなっていて、
ビッグ・トップはハリーのペットになっていたんですけど。

うん、かなり警戒して(何を?)
ゆっくり読んで行ったのが良かったんでしょうか。
面白かったです。
狂人、魔法、死者、生者の入り乱れたファンタジーという感じでした。
主人公ハリーの
幼児性あふれる天才キャラクターゆえの楽天的な苦悩と疑惑も
すんなり楽しむことが出来ました。
(2002年12月19日)

 2016_10_07




ジョナサン・キャロル「天使の牙から」

白血病で余命幾ばくもない往年のTVスター、
フィンキー・リンキーことワイアット・レナード。
ある日彼は友人ソフィーの失踪した兄を一緒に探して欲しいと頼まれます。
ゲイであるワイアットを快く思っていなかったソフィーの兄ジェシーを探すために、
ただでさえ死が目前だというのに、
病をおしてまでウィーンまで行くなんて……
と消極的ではありましたが、
ソフィーに押し切られてしまったのです。
そのウィーン行き直前、ワイアットは突然「死神」と遭遇します。

アーレン・フォードは、ウィーンで隠遁者のごとく暮している元女優。
かつて誰もが憧れた美人女優で、
ウェーバー監督作品「ワンダフル」で主演して
オスカー候補に上がったあとで引退したのです。
このアーレンがワイアットと平行して語られるもう一つの物語の主人公。
彼女の物語は、その多くを
彼女の親友ローズに宛てた手紙という形が取られてます。
アーロンはウィーンで愛犬と、穏やかに、
またむなしさを感じつつ暮していますが、
ある時、一人のカメラマンと出会い恋に落ち……。
繋がってるようで繋がってないような二人の物語が繋がった時……。

うんうん、
読んでる途中で「空に浮かぶ子供」との関連に気がついたときは、
何だかヤバイ気がしましたが、杞憂でした。
うん、これは面白かったです。
(2002年12月5日)

 2016_10_06




ジョナサン・キャロル「死者の書」

ふふっ。すごく面白かったです。
今までに読んだキャロルの本の中で、一番ストレートに面白かった。
って、これはジョナサン・キャロルの処女作なんですけどね。

実はこの文庫本は、数ヶ月前に手に入れてたんですが、
中々読むふんぎりがつかなかったんですよね。
なんたってキャロルだからな~と思うと、なんだか尻込みしちゃって。
表紙の雰囲気もなんだかイマイチだったというのもありますね。
でも、読んでよかった。

偉大な俳優を父に持つ一介の高校教師トーマス・アビィ。
彼は、幼い頃から敬愛していた
今は亡き天才作家マーシャル・フランスの伝記を書こうと思い立ち、
彼がその死まで暮していた町ゲイレンへやってきます。
マーシャル・フランスの初版本を巡って知り合い、
愛し合うようになったサクソニーと共に。
フランスを知る編集者は、
フランスの娘アンナが父の伝記については否定的で、
しかも魔女じみた奇行を見せると言っていたのですが、
二人を迎えたアンナはとても友好的な態度で、
二人はいささか困惑します。
が、困惑する出来事は、アンナの行動だけでなく、
ゲイレンの町の人たちすべてだったのでした。
長く逗留するつもりで、ある家の一部屋を借りたアビィは、
ある朝、奇妙な事故を目撃します。
アイスクリームを片手に歩いていた少年が小型トラックに轢かれたのですが、
町の人たちの反応は
「こんなはずはねえんだ。わかっちゃいたが」
「あんたじゃないはずなのに」という不可思議なもの。
極めつけは、目撃者のアビィに対して発せられた
「あの男の子ははねられる前は笑ってましたか」というもの。
不可思議なアンナの態度、不可思議な町の人達の態度。
次第にアビィはその渦の中に巻き込まれていき……。

まず、何と言っても、
亡き天才作家「マーシャル・フランス」と
アビィとの関係がすごくいいんですよね。
マーシャル・フランスがいかに天才かが、
ただ本の中で「そうである」というだけに終らない魅力があったと思うんです。
架空の偉大な人物と言えば、アビィの父もそう。
アビィが押しつぶされそうになっている有名な映画スターの威光が
これまたきっちり描かれてます。

キャロルの作品でいつも私がめげてしまう恋愛についても、
比較的あっさりしてて読みやすかったような……。

途中からめちゃめちゃ不穏な成り行きになってきて、
これがクーンツの作品なら絶対にハッピーエンドだから
安心してスリルを楽しめるんだけど、キャロルの作品だからなぁ
と一時も安心できなくて、
も~めちゃめちゃ怖かったですね。えへへ。
(2002年11月26日)

 2016_10_05




ジョナサン・キャロル「我らが影の声」

これは、今まで読んだ中では一番面白かったかも。

第一章の少年時代の兄に対する畏敬の念は、
なんかすっごく解るぅ~という感じ。
まあわたし自身はそんな兄は持ってないですが。(兄自体はいる)
第二章以降の、
大人になった主人公の不思議な三角関係と、その後の展開も、
私の理解の内にあったのが、
結末でうひゃ~~と、どびっくり。
こういう方面から来られるとは……と言う感じで、
すっかりやられてしまいました。
にしても、登場人物に魅力ないな~。
特にインディア、ヤナ女だわ。

実はボビー・ハンリーが
兄貴の墓参りしてんのかってなじるシーンが一番好きだったりして。
(2001年5月4日)


ジョナサン・キャロル「月の骨」

楽しんで読めた一冊でした。
割と素直に。

この世で一番すてきな旦那さまダニーと二人の大切な赤ちゃんメイ。
親友のエリオット。
満ち足りた暮らしを送っているカレンは、変な夢をしょっちゅう見ていた。
ロンデュア、それが夢の世界の名前で、
そこは言葉をしゃぺる巨大な動物たちと息子のペプシがいる。
カレンとペプシはロンデュアで五つの月の骨を探しているのだ。
少しずつ夢と現実が交わって行く中で……。

ファンタジックな作品でびっくり。
今迄わたしが読んでたキャロルの作品って、
確かにファッタジックな面もあったけど、
ラストに必ずと言って言い程主人公の自己嫌悪を誘うように傷をえぐる…
という作りだったから。
夢の世界に最初なじめなくて、ちょっと途方に暮れたりしたけど、
気がついたらすっかり入り込んでた。
私の好みではもう少し夢の部分を、
特にペプシとの親子関係を書き込んでくれると嬉しかったけど、
多分その辺もキャロルなんだろうな~、と。
でも、ラストのびっくり展開についていけずにボーゼンとする
というような事はなかったですね。

夢と現実を受け止めてくれるエリオットの存在がよかったな~~。
あんな友達いたらいいなぁ。
(2001年6月4日)

 2016_10_04




09  « 2016_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。