上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--




「ブロックルハースト・グローブの謎の屋敷」シルヴィア・ウォー

作者シルヴィア・ウォーは1935年生まれのイギリスの作家。
本作が処女作で、
1994年にこの作品でガーディアン賞を受賞してます。
ガーディアン賞は
イギリスの児童文学賞で、
アメリカだとニューベリー賞にあたる賞という感じかな。
ガーディアン賞の方は対象がイギリス国内の作品だけじゃなくて、
英語圏の国で出された本、ということでちょっと広いんですが。
さて、
本作は、「メムニ一家の物語」という全五巻からなるシリーズの
第一作目にあたります。
このシリーズの主役は、
人間としてひっそりと暮らしている等身大の布製の人形たち。
しかも総勢11人という大家族。
なにそれ、設定に無茶がありすぎるよ
って感じなんですが、
これが読ませてくれるんですよね。
佐竹美保さんの挿絵もとてもよくて、
ホントに大好きなシリーズなんですが、
実は絶版なんですよ。とても残念です。
講談社さん、このシリーズを復活させてくれないかなぁ。

郊外にある一軒家、ブリックルハースト・グローブ。
ここに住んでいるのは、実は
たぐいまれな裁縫の才能をもったケイトおばさんに作られた
等身大の布人形たちだったのです。
人間社会の隅っこで、
人形だと悟られないように苦心しながら生きている
11人の人形の家族たち。
ケイトおばさんの死後、
不思議な魔法の力で命を得て40年。
布で出来た人形ですから、本当はものを食べる必要もないんですが、
彼らは人間のように料理をつくりそれを食べる「ふり」をして、
自分たちが人形ではなくて人間なのだというように暮らしています。
それは毎日人間ごっこをしているようないびつな生活でもあります。
そして、何より大切な命題は、
決して自分たちが人形だという秘密を
人に知られてはいけないということ。
ところがある日、
オーストラリアに住む現在のこの屋敷の正式な主から、
一家に会いたいという手紙が届いて
彼らは大慌てに……。

シリーズ各巻で、
外からの問題が発生してはそれを乗り越えて行くんですが、
その間ずっと、かれら自身の問題も起こりつづけます。
それぞれ個性溢れる人形同士の関係の面白さ、
人形でありながら「生きて」いることの苦しみ。
はらはらしたり胸をいためたりしながら
夢中になって読みきってしまいました。

スポンサーサイト
 2016_07_24




「黒馬物語」シュウエル

この作品は、
「ブラック・ビューティ」と呼ばれた
一頭の馬の物語です。
舞台は19世紀のイギリス。
まだ荷馬車や辻馬車、乗り合い馬車などが
交通のおもな手段だったころです。

物語の第一部は、
ブラック・ビューティが生まれ育った牧場から始まります。
母馬と共に暮し牧場を駆け回った子馬時代から、
最初のお屋敷での馬のことを良く知っている人間たちに囲まれて、
愛された幸せな時代の終りまでが
ブラック・ビューティ自身の視点で語られます。

第二部、第三部からは、
ブラック・ビューティの苦難がはじまります。
馬をただの道具としか見ていない主人や
馬について無知な主人などの元を転々とすることになるのです。
ブラック・ビューティは、
かつて見たことのある哀れな姿の馬たちの境遇を
身をもって体験することになるのでした。
かつてお屋敷で同じうまやにいた
ジンジャーという馬の哀しい末路も見てしまいます。

そして、第四部、
ブラック・ビューティに再びよい主人がついてくれるのでしょうか。
じっくりと読み応えのある動物文学の一冊です。

作者アンナ・シュウエルは19世紀のイギリスの作家。
古い時代のイギリスの、
しかも馬周辺の物語なので、
ちょっと分らない言葉なども出て来るかも知れません。
わからないものが登場する、
というのもある意味楽しみの一つではありますが、
そこがひっかかるというタイプもあるかと思います。
文園社より出ている「黒馬物語 BLACK BEAUTY」という絵本。
ストーリー自体はあらすじを追う程度のものですが、
当時の時代背景や馬車、馬具などが
写真やイラストで詳しく説明されているので、
この絵本もとても面白く読めるのでおすすめです。

 2016_07_24




「時の町の伝説」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

1939年、
ヴィヴィアン・スミスは次第に激しくなる戦火を避けて、
親戚の家へ疎開に行くために列車に乗っていました。
列車の中はぎゅうぎゅうに詰められた
疎開する子供たちでいっぱいです。
スミスなんてありきたりな苗字だし、
迎えに来てくれているはずの親戚の人とは今まであった事がありません。
田舎の駅に到着し、必死で親戚の人を探すヴィヴィアンでしたが、
突然見知らぬ男の子に捕まり、
そのまま不思議な場所へ連れて行かれてしまうのです。
そこは「時の町」。
すべての時間と切り離され、すべての歴史を司る不思議な町です。
何故男の子はヴィヴィアンをこんなところへ連れてきたのでしょう。
それは、恐ろしく単純なひとちがいだったのでした。
ヴィヴィアンをさらったのはジョナサンとサムという二人の男の子。
彼らは「時の町」の危機を知り、
大人にナイショで町の危機を救おうと「時の奥方」を探していたのです。

ちょっとこの「時の町」というのがわかりにくくて、
なかなかすんなりと物語に入っていけない
ということもあるかもしれませんが、
一旦物語が転がり出すと、あっちで事件こっちでまた問題がと
どんどん物語がふくらんで行って、楽しませてくれます。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、
もしかしたら現在日本で翻訳されている海外のファンタジー作家の
一番人気の人かも知れません。
ジブリアニメ「ハウルの動く城」の原作「魔法使いハウルと火の悪魔」や、
「大魔法使いクレストマンシー」シリーズなど、
もっと100選に相応しい作品があったかも知れませんが、
わたしの超個人的な選として、本書を選ばせていただきました。
疎開ものってそれだけで
私にとって魅力的なんですよね。

 2016_07_24




「銀のシギ」エリナー・ファージョン

イギリスの昔話「トム・ティット・トット」を
ベースにしたおはなしです。
グリムで言えば「ルンペルシュティルツヒェン」
日本で言えば「大工と鬼六」ですね。

きれいな娘だけれども、なまけものでくいしんぼうのポルは、
家族の留守に、お昼のダンプリングを12も食べてしまいます。
かえってきた家族はびっくり。
そこへ通りかかったノーフォークの王様に、
つい見栄を張って糸を12つむいだと言ってしまったのでさあ大変。
ちょうどはたらきもののお后を探していた王様に見初められてしまいました。
そして、この場で12かせの糸を紡がなければならなくなって
途方にくれているポルの前に、いやらしい小鬼が出てきて、
代りに糸を紡いでやると約束します。

さて、ポルがお后になって一年が経ちました。
王様との間に可愛い娘も生まれました。
しかし、また糸を12かせつむがなければならない日がやってきたのでした。
出来なければ首が飛びます。
そしてそこにまたあの小鬼がやってきて、
仕事を引き受ける代りに赤ん坊とポルを連れて行くと言い出します。
ただ、自分の名前が当てられたら連れて行かないという約束で。

せっぱつまったポルを助けようと、
姉思いの妹ドルは、
小鬼にばけて秘密の名前をさぐる冒険に出掛けますが。

お茶目な登場人物と愉快な会話、
躍動感のあるストーリーに引き込まれてしまいます。
この物語のヒロインは、ポルの妹のドル。
すばしっこくて賢い女の子です。
昔話をベースにして、
不思議な銀色のシギとドルの物語を織り込んだ幻想的で愉快な作品。

エリナー・ファージョンはわたしにとって
特別な作家の一人。
子供の時に短編集「ムギと王さま」に出会って、
何度も何度も読み返して、
それから、ファージョンの他の本を
手にはいる分はみんな読みふけりました。
なので、
どの作品を選んでも良かったといえば、
よかったんですが、
平成生れのうちの娘たちと甥たちに読み聞かせして
とても喜ばれたものなので、
そうか、現代の子にも
きっちり受ける話なんだなあって実感があったから。
そう、
絵本の読み聞かせに飽きたわたしは、
長編の児童文学を何回かに分けて
子供に読み聞かせるというのに
ハマった時期があったのでした。

 2016_07_24




「魔女とふたりのケイト」K・M・ブリッグズ

17世紀のスコットランドとイギリスを舞台にした、
歴史小説のような味わいのあるファンタジーです。

領主アンドリューが再婚して、
領主の娘の美しいキャサリンと野育ちのケイトは姉妹となります。
しかし実は
ケイトの母、領主の再婚相手のグリゼルは魔女だったのです。
グリゼルは、継子キャサリンがケイトよりも上品で美しいのをねたみ、
事あるごとに陰湿ないじめを繰り返します。
魔女の血を疎ましく思いながらも母を慕うケイトですが、
本当の姉妹のように仲の良いキャサリンを守る決心をします。
しかし領主が戦に出征中、
とうとうキャサリンに恐るべき罠がしかけられ……。

小学校高学年から中学生ぐらい向けでしょうか。
「魔女」、しかも「悪い魔女」が登場するんですが、
この魔女は人間臭いんです。
魔法を使ったり箒で空を飛んだりする代りに
他人への嫉妬、ねたみを原動力に策を練り、呪いをかけ、
じわじわと落としいれていくんですね。
キャサリンにかけられた呪いのシーンは戦慄ものでした。

作者K・M・ブリッグズはキャサリン・M・ブリッグズ。
イギリスの民俗学、妖精関係の第一人者です。
きっとベースに収集してきたイギリスの魔女の伝承が
生かされてるんでしょうね。
他に、屋敷ようせいを描いた「妖精ディックのたたかい」もあって、
こちらもおすすめの本です。

 2016_07_24




「どろぼうの神さま」コルネーリア・フンケ

ヴェネツィアで探偵をしているヴィクトール・ゲッツのもとに、
人探しの依頼が舞い込んできた。
子供を探してほしいというのだ。
ヴィクトールに渡された写真には二人の少年が映っていた。
一人は金髪で天使のようにかわいらしい5歳の少年ボー、
もう一人はその兄の十二歳のプロスパー。
依頼人ハルトリープ夫人の妹の子供たちで、
妹の死によって孤児となったという。
そして、子供のないハルトリープ夫人がボーの養育権を申請し、
ボーだけを引き取るつもりだったのだが、
弟と引き離されたくないというプロスパーが
ハンブルグの祖父の家からボーを連れて出奔してしまったのだという。
それがふた月以上前の話で、
ハルトリープ夫妻は彼らがここヴェネツィアへ来ていることをつきとめたが、
それ以上は探せないのでヴィクトールに彼らを探して欲しい、
ということだった。
ヴィクトールはこのハルトリープ夫人に好感が持てなかったが、
とりあえず依頼は受けることにした。

さて、たしかにプロスパーとボーは夫人の言う通り、ヴェネツィアへ来ていた。
けれども彼らは二人きりではなかった。
ヴェスパというやせた少女と、黒人の少年モスカ、
ハリネズミのような頭のリッチオという少年と暮らしていた。
どこで?どうやって?
彼らには頼もしい庇護者がいた。
年はプロスパーとあまり変わらないけれど、
あざやかな手口で戦利品を彼らにもたらして、
彼らの飢えと寒さを防いでくれる「どろぼうの神さま」スキピオが、
彼らの神であり、庇護者だった。
彼らが住みかとする「星のかくれ家」も、
どろぼうの神さまが連れてきてくれた場所だった。

すごく面白くて、読み出したら止らないドイツの冒険ファンタジー。
プロスパーとボーを追う探偵ヴィクトール。
そしてどろぼうの神さまと子供たちに、
大金の報酬を約束した謎めいた伯爵からの謎めいたどろぼうの仕事の依頼。
プロスパーとボーはどうなっちゃうの?とドキドキハラハラでした。

中学生向けかなぁ。読書好きなら高学年ぐらいからいけるかな。
というか、大人でも引き込まれてしまうような作品です。
作者コルネーリア・フンケは現代のドイツの作家。
日本でも多くの作品が翻訳されてます。

 2016_07_23




「小さな魔法のほうき」M・スチュワート

夏休みの後半の一ヶ月、両親がアメリカへ行くので、
十歳のメアリーはたいくつな田舎の
古い屋敷に住んでいる大おばさまのところへ預けられました。
上の双子たちは別の楽しそうな農場へ行くのに、あんまりです。
大人しかいない静かな屋敷の暮しに退屈しきっていたメアリーですが、
一匹の黒い子猫と出会ってから、
その退屈はすっかり吹き飛んでしまいました。
ティブというその黒猫は、魔法の猫だったのです。

七年に一度だけ花をつけるという魔力を秘めた「夜間飛行」の花、
空飛ぶほうきに連れて行かれた魔法の学校エンドア大学。
転入生と間違われたメアリーは、
魔法の学校で、見るのも聞くのも楽しい時間を過します。
しかし、家に帰って気がつくのでした。
黒猫ティブが学校にさらわれてしまった!
夜をまって、メアリーは再びほうきにまたがり魔法学校を目指すのでした。

古い作品ですが楽しい冒険のお話です。
メアリーのためらいのない無邪気な行動力が
ぐいぐいと物語に引きこんでくれます。
登場人物もあまり多くないし、
行動範囲もほぼ屋敷と魔法の学校とその行き来。
にもかかわらず、読後の印象は鮮烈で、
長く記憶に残るシーンが数あります。
庭師のゼベディじいさんとの会話、
「夜間飛行」の花の汁でべとべとの手、
魔法の学校の授業風景や、金庫の中のあやしい動物たち、
ほうきにのっての魔女からの逃避行などなど。
ちなみに、
私が子供の頃に読んだ折の一番印象深い記憶は
「たまご半分」というレシピに頭を傾げるくだり。
魔法でもなんでもない台所でのひとこまなんですが、
妙に頭に残ってました。
読み返してみて、本当になんでもないシーンだったので逆に驚きました。

本書はあかね書房の「あかね世界の児童文学」から出てて、
しばらく絶版の憂き目にあってたんですが、
復刊ドットコムの尽力で復刊することになりました。

 2016_07_23




「ふたりのひみつ」I・ボーゲル

「死んじゃえばいいのに!」
インゲのその言葉のしばらく後に、
エリカは病気で本当に死んでしまいます。

インゲとエリカは
みためがうりふたつの九歳の双子。
でもエリカはインゲより三十分先に生まれ、
頭の回転も速いけど、しょっちゅうお姉さんぶったりします。
隣に住む女の子マグダとどっちが親友かとか
双子や年の近い姉妹ならではの微妙な感情。

インゲの目線で語られる
せつない、せつない、きれいな本です。
双子ならではの楽しみ、喜び、苛立ち、
インゲの心の機微が丁寧に描かれてます。
作者ボーゲルの手による繊細なタッチの挿絵も印象的です。

これは私自身子供のときに読んで、
ずっと心の奥に残っていた本です。
子供にもこのせつなさはきっとわかります。
機微が手に取るようにわかる、
というわけにはいかないかも知れませんが。
ずっと心の中に引っかかってしまう、
そういう作品って、
わたしにとって大切な読書の思い出のひとつなので、
きっとこの本は他の子供にとっても
何かを残すことができるんじゃないかなって思ってます。
ただ、
とてもとても残念なことに絶版になって久しい作品なんですよね。
Amazonでもなかなか登場しないし、
あっても割と高値がついていたり。
あかね書房の「あかね世界の児童文学」
というシリーズから出てたんですが、
このシリーズが小学校の図書館にそろっていて、
ずいぶん借りて読みました。
今思っても名作ぞろいなんですよね。
今回の100選の中にもいくつかこのシリーズのものが入ってます。

 2016_07_23




「はてしない物語」ミヒャエル・エンデ

エンデはドイツの作家。
個人的には「ジム・ボタン」シリーズの二作も大好きなんですが、
100選の中に入れるなら、
やっぱりこれかな。
読書好きな子供が、読んでいる本とシンクロしていって、
いつかその本の中に入ってしまっているっていうのを
バスチアンと同化して楽しめるんじゃないかな
って思います。

いじめられっこで、
母を亡くしてからは父親とも心の通じ合わない
孤独な少年バスチアンは、
偶然入った古本屋でみつけた不思議な本
「はてしない物語」を読み始めます。

ファンタージエンは、今、滅亡の危機を迎えています。
この世界の統治者幼ごころの君が病気なのです。
草海原にすむ少年アトレーユは、
勇者として、
ファンタージエンを救う大いなる探索の旅に出発しました。

夢中になって読んでいたバスチアンは、
突然ファンタージエンにいました。
物語に入ったバスチアンは、物語の作者兼主人公となり、
持ち前の創造力で、自分が望むものを次々と手に入れていきます。
しかし、物語の中で望みが満たされると同時に、
現実世界での記憶を一つずつ忘れて行きます。
そして、バスチアンは現実世界に帰る気をなくしてゆき、
次第に暴君となっていくのでした。

岩波書店から出ているハードカバーの本は
あかがね色の布張りで、アウリンの紋のついた本。
子供のときにこの本を買ってもらって、
今自分がバスチアンと同じ本を読んでいるのだ
と思った時は昂奮しました。

 2016_07_23




「子どもだけの町」ヘンリー・ウィンターフェルト

「ぼく」が暮らすティンペティル町で起こった大事件の発端は、
ウィリ・ハークが、
パン屋のボルナーさんところのネコのしっぽに、
目覚まし時計をしばりつけるいたずらをしたことだった。
町中を狂ったようにネコが走り回ったものだから、
町の大人たちはカンカンになってしまったのだ。
オスカルやウィリたちの「海賊団」のあらっぽいいたずらには、
もともと大人たちは腹を立てていた。
しかも、この「海賊団」に入っている子どもたちの数が多すぎて、
誰を捕まえて叱ったらいいのかさえわからないでいたのだった。
そして大人たちは、全員町を出て行って、
子どもたちだけを町に置き去りにすることにした。
大人のありがたみを、失ってから気付けというわけだ。
ついでに水道も電気も使えない状態にして…。

親たちの感情的にすぎる行動の結果、
あっというまに町が「海賊団」によって無法化してしまうところとか、
とにかく大人に対しての皮肉っぽい感じがまたおもしろかい作品です。
ただ皮肉っぽさを全面に出すのではなくて
「ぼく」こと13歳のマンフレート少年と、
その親友で頼りがいのあるトーマス、
11歳の女の子だけれど勇気があってかしこいマリアンネの3人が主体となって、
無法と化した小さな町をなんとかしようと奮闘するという物語ですが、
彼らがほんとに読んでて気持ちがよかったです。

作者ヘンリー・ウィンターフェルトは、
1901年にドイツのベルリンに生れた作家。
第二次世界大戦中にアメリカに移住しました。
同作者の別の作品だと、
宇宙船から誤って落ちてしまったという見知らぬ少女と
地元の少年少女たちの友情を描いた
「星から来た少女」という作品も捨てがたい魅力がありました。

 2016_07_23




06  « 2016_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。