上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--




ウンベルト・エーコ「前日島」
文藝春秋

読み始めてから結構長くかかってしまいましたが、面白かった。
時代は十七世紀。いわゆる大航海時代というやつです。
アマリリス号に乗船していた主人公ロベルトは、
これが難破してしまい、
戸板に身体を縛りつけられて海に放り出されてしまいますが、
奇跡的に命拾いをします。
なぜか島の入り江に漂泊したまま
見捨てられた無人の船ダフネ号に流れ着いたのでした。
甲板からは島が見えているのですが、
ボートが残されていないため
ダフネ号から脱出することはできません。
(ちなみにロベルトはかなずち)
幸いダフネ号には水も食料も大量にあり、
ロベルトはとりあえずの安息を手に入れた……
はずだったのだけど。
怪しげな荷の詰った、無人の船ダフネ、
姿なき他人の痕跡
といった状況から物語は始まって、
ロベルトのダフネ号での生活と、
アマリリス号に乗りくむまでの回想が語られていきます。

上記のあらすじだと冒険活劇風だけど、
そこはそれ、エーコですから~。
一筋縄ではゆきません。
ありとあらゆることを色々な人物を通して語りまくってます。
でも、なんか愉快なの。
なんども笑っちゃうような箇所が登場するんですよね。
真摯で愉快でほんのりわびしい味付け。
私個人的には
すっかりロベルトのパパとカスパル神父のファンになってしまいました。
(2001年10月15日)

スポンサーサイト
 2016_02_29




ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」
東京創元社

ページ開いていきなり「うっ、小難しい……」という感じで、
結構めげましたが、
気がつくと面白くなってきてるの。
おや~~??
宗教論がてんこもりなんだけど、どっちかというと軽めの語り口で、
主要キャラクターたちが案外人間くさいから、
面白くなるまでのところもめげずに読みつづけられた、
という感じなのかもしれません。

この「薔薇の名前」は、
死を間近に控えた修道士アドソが若き日に遭遇した
ある修道院での血なまぐさい事件の7日間を回想した手記、
という形が取られてます。
時代は十四世紀、見習い修道士アドソは、師ウィリアムと共に、
とある修道院を訪れます。
そこで遭遇した奇怪な連続殺人事件。
彼等はその事件の真相を探るべく僧院長から依頼されますが……。

長々と展開される宗教論を楽しめるか、
もしくは読み飛ばす事が出来たなら、
この作品はめっちゃ楽しめると思います。
ちなみに私はかなりの分量を読み飛ばしてしまってます。
それでも面白くよめちゃうんだから凄いですよ。
中世の僧院、鎖された文書館、白熱する宗教論、
道具立てはおも~い感じがいたしますが、
最初にも書いたけど、案外軽やかなタッチで綴られてるんで大丈夫。
ウィリアムとアドソの師弟コンビの活躍を楽しんでください。
もちろん荘厳な中世の僧院の雰囲気もきっちり味わえます。
(2001年9月2日)




そう、この頃はめんどくさいところをさっくり読み飛ばす系の
そんな読み方してたんですね。
そういえば、最初に「指輪物語」を読んだ時(高校生の頃)も
最初のくだりをさっくり読み飛ばしてたっけ。
ひどい読者ですね。
それがソラリス学まで楽しめるように成長したとは。
なんて、未だに飛ばし読みすることもありますけども。

 2016_02_28




テッサ・デ ロー「アンナとロッテ」
日本テレビ放送網

ベルギーのスパに保養に来ていたロッテは、
そこでドイツ女のアンナと出会った。
過去二つの世界大戦の戦死者の石碑がたっている
ここでドイツ女と出会うとは。
しかし、
アンナがロッテの生き別れた双子の姉だとしって、ロッテは困惑する。
なつかしげに、うれしげに語りかけ、
とうとうと過去の話をはじめるアンナ。
ずっとオランダ人として生きてきたロッテには、
困惑するとともにそのアンナの言葉に苛立ちと嫌悪を感じるが……。

アンナとロッテは双子の姉妹だったが、
両親の死後、
アンナはドイツの貧しい農村のおじの家に引き取られ、
ロッテはオランダの裕福な親戚の家庭に引き取られた。
貧しい農村で過酷な労働を強いられて育つアンナは、
別れてから一度も連絡のないロッテを
病気で死んでしまったのかもしれないと思い込む。
しかし、実はロッテからの手紙は
いじのわるい叔母の手によって握りつぶされていたのだった。
ロッテも、何度手紙を書いても返事の無いアンナのことを、
ドイツの田舎で育ったために
野蛮人に成り下がってしまったのだと自分を納得させていた。
やがてドイツにアドルフ・ヒトラーという男が現われ、
そしてヨーロッパを、世界を戦争の渦が巻き込んでいった。
ドイツで家政婦として働くアンナにとって、
ヒトラーなど信頼の置ける人物だと思ったこともなかったが、
だからといってヒトラーがこの戦争で何をしたのかを知ることもなかったし、
それについて糾弾することもなかった。
ただ生きていくのに精一杯だった。
オランダのロッテは、ユダヤ人の恋人を収容所に奪われ、
その後もユダヤ人を匿いながら過してきた。
ロッテにとってドイツは憎むべき敵国そのものだった。

オランダの作家による、
数奇な運命と戦争によって翻弄された双子を描いた物語。
映画化もされたそうです。
というか、日テレから出版されているところを見ると、
その「映画の原作」として
日本で出版という運びになったということでしょうか?

なかなか日本人にとっては、
余計に考えさせられるところの多い、切ない作品ですね。
ナチス・ドイツへの憎しみの未だ色あせないロッテにとって、
幼い時に別れた実の姉とはいえ、アンナはドイツ女。
アンナが双子が別れて以来どんな生活を送ってきたのか、
どんな戦争体験をしたのかを語っても、
ロッテには「ドイツで生活していたひとりの女性」の体験としてではなく、
ドイツ人のいいわけ、と言う風にしか受け取れないんです。
いえ、時にしみじみと姉の辛さを思いやったり、
彼女の強さに感動を覚えたりするのだけど、
個人として共感することで
ドイツへの批判や恨みが鈍ると強く思ってるようで……。
切ないですよね。
たしかにアンナの話はロッテでなくても
イライラさせられるようなところがあります。
話が、というのではなく、
その話し振りというべきでしょうか。
でも、それは読者の本当の気持なんだろうか?
ロッテの嫌悪感が読者に反映されているのではないだろうか?
と思わずには居られません。

辛いなぁと思うのが、
「私たちは(ナチス・ドイツがどんな事をしていたのか)知らなかった」
というドイツ国民の言葉が、
オランダ人にとって、
そのままあざけりの言葉となっているというところ。
知らなかったが罪なのか、
この問題はとても重たいですね。
うーん、ずしりとした手ごたえのある作品でした。
(2005/7)
 2016_02_27




A・A・ミルン「昔あるとき」
北星堂書店

「くまのプーさん」でおなじみのミルンの本。
ユーレリアのメリウィッグ王と娘のヒヤシンスが
城壁の上で朝の食卓に向っているとき、
その頭上をバローディア国の王様が
「一足七里飛びの長靴」で何度も飛び越える
という不作法をした事から
ユーレリアとバローディア国は
戦争を始めることになってしまいました。

男たちが全員戦争にかりだされて
女だけの国になってしまったユーレリア国。
メリウィッグの後添いの座を狙うベルヴェイン伯爵夫人の悪巧みに、
若い王女ヒヤシンスはとても一人では太刀打ちできないと考え、
アラビヤのユードウ王子を招待して
彼に手助けしてもらおうと考えます。
しかし、
ベルヴェイン伯爵夫人による妖精の指輪の魔法によって、
ユードウ王子は旅の途中で、
うさぎとライオンと羊を合体させたような
世にも奇妙な動物にさせられてしまったのでした。

クラシカルな雰囲気が心地よい、
キュートで愉快なユーレリア国のドタバタ喜劇です。
登場人物がみんな
一本か二本ぐらい捻子がゆるんだ様な
とぼけた人達で、善良で、ずるくて、
利己的なのがめっちゃ可愛いですね。
(2001年9月22日)

 2016_02_26




ジョー・ウォルトン「アゴールニンズ」
早川書房

ボン・アゴールニン啖爵は、死の床についていた。
その側についているボンの長男で教区牧師のペンは、
思いがけない言葉を父から聞かされておどろく。
死ぬ前に懺悔したい、告解を聴いて欲しいというのだ。
それは異端な人間どもの征服時代の悪しき名残であり、
今や聖職者の飛行と同じぐらい教会から強く非難される罪だった。
しかし、ペンは結局父の告解を聴き、免罪を与えた。
しばらくの間ペンはショック状態にあり、
父の死も、己の教会への背信行為への罪悪感も何も感じなかった。

ボン・アゴールニン啖爵の死に際して、
家族たちが集まっていた。
生き残ったボンの子は、
デヴラク士爵に嫁いだ長女ペレンドと、
イリエスの都で役人をしている次男のエイヴァン、
まだ未婚の年頃の二人の娘セレンドラとヘイナーだった。
彼らのほか部屋にいたは
ペレンドの夫デヴラク士爵と三人の子竜たち、
そしてこの地の教区牧師のフレルト師だった。

ボン・アゴールニン啖爵の死は、
その財産分与について小さな口論と、遺恨を残す結果を引き起こした。
ボンの地所や黄金などについては、
前もって老アゴールニン啖爵の意志が伝えられており、
大きな混乱を招くことはなかった。
しかしそれら以上に大切な
ボン・アゴールニン啖爵の遺骸の配分については大問題だった。
そう、彼らドラゴンたちにとって、
同じドラゴンの肉を食べるというのは、
黄金にも勝る、大きな力を得るための大切なことなのだ。
遺骸、つまり肉は黄金と同じ扱いで、
未婚の若いドラゴン三人に分け与えるのか、
肉だけは別で、
他の遺産分与権を持つドラゴンたちにも公平に分けられるのか。
ボン・アゴールニン啖爵の遺児たちは、
前者を主張したが、長女の夫デヴラク士爵は後者を主張した。
そして、半ば押し切るように、
彼ら家族で父の肉の半分を食い尽くしてしまったのだった。

面白かった~。
ヴィクトリア朝を思わせる波乱万丈の物語、
でも大きく違うのは、
彼らは人間ではなくドラゴンだったのです。ふふ。

まず説明をしておくと、
啖爵というのは、
人間世界で言うところの男爵に準ずるもので、
爵位としては一番下。
ボンの遺児たちも、父親をぽっと出の成金のごとくに扱われます。
士爵というのはそれより一つ上の爵位、
それより上は順に珀爵、蛟爵、甲爵と登っていくようです。

さて、若きドラゴン娘のセレンドラとヘイナーは、
父の死後それぞれ
長男ペンの元とデヴラク士爵の元へ身を寄せることになります。
ペンの元へ身を寄せたセレンドラは、
兄の雇い主でもある珀爵夫人の一人息子のシャーと身分違いの恋におち、
デヴラク士爵の元に身を寄せたヘイナーは、
この義理の兄の冷血ぶりに、
いつか生きたまま食われるのではないかと恐怖に怯えることに……。
義理の兄のあまりな狼藉に対して怒りの収まらないエイヴァンは、
なんと彼を裁判で訴えることにするのだけども、
コレがどう見ても金銭的にも身分的にも勝ち目がなさそうだったりして。

恋あり、訴訟あり、
貴族のプライドあり、冒険あり、宗教問題ありと、
お楽しみもりだくさんの物語で、
それこそヴィクトリア朝を舞台にした大河小説のごとき面白さなんです。
ドラゴンならではの様々な生態や慣習も面白いし、
何より人間くさいドタバタ劇がなんともいえません。
(2005年7月25日)

 2016_02_25




ヤン・マーテル「パイの物語」
竹書房

インドのマドラスからカナダのモントリオールへと
出航した日本の貨物船ツシマ丸は、
太平洋上で沈没した。
この事故から生還できた人間は、たった一人。
16歳のパイ・ペテルただ一人だった。
第一章、
物語はインドの動物園経営者の次男、
ピシン・モリトール・ペテルの、
幼少時代から、家族でカナダに移住するために旅立つまでが描かれている。
パイはピシンのニックネーム。
そして、第二章は、
沈没した船から救命ボートに投げ出され、
たった一人で海上を漂ったパイの驚くべき227日間が描かれる。
いや、救命ボートに乗り込んでいたのはパイだけではなかった。
ベンガルトラ、ハイエナ、オランウータン、
ネズミ、ゴキブリ、ハエ。
それが最初のボートに乗り込んでいた全部だったのだ。

いや、すごい作品でした。
面白かった~の一言では言い足りないぐらい。
奇想天外にしてこのリアリティは何だろう?
息詰まるパイの漂流生活の迫力に、
ただただ夢中になって読みふけってしまいました。
ああ、これ以上何か書くと、
これからこの本を読む人が得るはずの
さまざまな衝撃を殺いでしまいそうなので、
何も書けそうもありません。

パイが無事メキシコへたどり着いた後の
第三章の最後の一ページまで目が話せない、
と書いておきます。
少年が沈没船から生き延び、長い奇跡の漂流生活を経て、
最後はめでたしめでたしの感動もの、
なんて思ってると手ひどいしっぺ返しを食らうような
大人だましの作品。
ブッカー賞受賞も大きく首を振って頷けるというもんです。
(2005年4月16日)

 2016_02_24




デイヴィッド・ハント「魔術師の物語」
新潮文庫

文庫で650ページ弱というボリューム、「魔術師の物語」というタイトル、
モノクロの瞳だけの写真に銀色のタイトル文字という装丁、
そして
「霧深いシスコを舞台に猟奇と幻想の世界を描き、
巨匠たちを唸らせた匿名作家の問題作」
という煽り文句。
これは幻想的な匂いに充ちた物語なのでは~~っ
って思って読み始めましたが、
意外にも全然幻想的なところの無い、
アクション有りのミステリーでした。

写真家のケイは、色彩を判別できないという全色盲の女性。
色の判別が全く出来ないというハンディを持っていて、
彼女の世界は
様々な明るさのモノクロのグラデーションで成り立っているんです。

舞台はサンフランシスコ。
スラム街ポーク・ガルチで生きる人々をカメラに収めるケイですが、
ある日、親しくしていた男娼の青年ティムが惨殺されるという事件が起ります。
使用済みのコンドームが散乱するポーク・ガルチの路地裏の
錆びついたゴミ箱に投げ捨てられていたティムの頭部。
友の死の真実を探しはじめるケイは、
15年前のゲイの青年ばかりを狙った連続殺人事件との関連性に気がつきます。
その事件は、引退した元警察官の父と密接に関係している事件だったのでした。
結局犯人が見つからずじまいだった事件に手口が酷似しているティムの事件。
15年前の事件の犯人と同一なのか、単なるコピーキャットなのか。
しかし当時マスコミに流すことの無かった手口までが同じなのです。
15年前の事件については、
当時関係した警察官たちが揃って重要な証拠品を一つ残らず紛失してしまう
という信じられない失態という謎も残っています。
ケイの父がそれにどう関係しているのか?

全色盲の女性カメラマン、美青年の男娼、
マジシャン、野心的なレズビアンの女性警官、
ハンサムなインド人の医者、美しい双子の姉弟。
とにかくスリリングな道具立てなんですよね。
現在の事件と過去の事件という二つの謎に、
ティムその人の過去という大きな謎も絡まって、
楽しく読ませていただきました。
(2003年2月5日)

 2016_02_23




ロバート・アーウィン「アラビアン・ナイトメア」
国書刊行会

悪夢と陰謀渦巻く十五世紀末のカイロ。
巡礼とスパイ目的でこの地へ赴いた英国人の青年バリアンは、
夜毎夢と現実との境があいまいな悪夢に悩まされるようになります。
突然三人のトルコ人によって
どこかへ連行されて行ったヴェネチア人画家と
彼の残した一冊の書物、
夏のカイロに鼠皮のコートとつば広の黒い帽子姿の
あばただらけの謎の英国人ヴェインとは一体どんな存在なのか?
謎の娼婦、
眠りと夢を管理する猫の父、
人語をしゃべる醜い人猿、
饒舌な語り部。
誰が彼の夢の住人で誰が現実なのか、また、
誰が語る物語の中の主人公が誰で、それを聞いているのが誰なのか?
入れ子式にねじれて進む物語に混乱させられますが、
すっごく面白いんです。
ラスト一行がまた、「やられた~」って感じで。

挿絵もすっごく素敵なんですが、
この挿絵、
特にこの作品のためにかかれたものではないみたいなんですよね。
なのに、すっごく作品にぴったり。
ヨーロッパ人の目で捕らえた中世のカイロの雰囲気。

文章自体はすごくあっさりしてるので読みやすくて、
それでいてこの怪しい呪術的な雰囲気が良いんですよ。
是非おすすめ。
(2002年9月9日)

 2016_02_22



ジュリアン・バーンズ「フロベールの鸚鵡」
白水社

なかなか面白かったですね。
軽妙な味わいのフロベールに関する考察を軸にした小説、
という感じでしょうか。
こういう作品って、どう表現したら良いのかわからないですね。
ちなみに、
ご存じの方も多いと思いますが、
フロベールというのは「ポヴァリー夫人」の作者として日本でも高名な19世紀の作家。
「ポヴァリー夫人」は、まあ端的に言えば、
田舎の医者の奥さんの不倫とその破滅を描いた小説です。
で、私自身もフロベールに関してはその程度の知識しかなく、
「ポヴァリー夫人」を大昔に読んだ事があるだけなんです。
もう少しフロベール作品に親しんでたら、
又は19世紀後半の(特に)フランス文学を読んでたら
より楽しくこの「フロベールの鸚鵡」も読めたのではないかと思います。

この作品の語り手はバーンズ自身ではなく、
ジェフリー・ブレイスウェイドという六十過ぎのやもめの医師、
子供は既に成人している、と作中にあります。
が、この作品の語り口の軽妙さ、
六十過ぎの男とは思えない若々しさに溢れててとても読みやすいんですよ。
「フロベールがルーアン博物館から借り出し、
『純な心』を執筆する間、机上に置いていた」
という鸚鵡の剥製との出合いから物語は始まります。
って、「物語」という感じではないですね。

負け犬根性の染付いた食わせ物の情報提供者との逸話、
オリジナリティ溢れる年表、
ある女性評論家についての話など
魅力的な撒餌に誘われて読み進んで行くうち、
次第に読んでいる方にフロベール像が作り上げられて行きます。
ラストの締めかた、見事でした。
(2003年2月3日)
 2016_02_21




トマス・ピンチョン「ヴァインランド」
新潮社

北カルフォルニアの山中、
ジャンクフードでちらかった掘っ立て小屋で暮らす
いい年したヒッピーおやじゾイドとキュートなしっかり娘プレーリィ。

うーん、
始まりと終りはプレーリィが失った母を求めるというものなんだけど、
その間にある物語がものすごいんですよ。
ドラッグ漬けの反体制運動の亡霊のような人々の
まるでフラッシュバックのような述懐に、
読んでるこっちもくらくらしちゃって、
今誰がいつ何をしてる所を読まされてるのか
分からなくなってしまいそうでした。

でも、おもしろかった~~。
嵐のような註訳のマークにはいささか辟易させられたけど、
読み終って見ると、
はあ~面白かった♪のヒトコト。

愛すべき駄目男がいっぱい登場するんだけど、
中でもゾイド(中盤ほとんど登場しなかったけどね)と、
謎の日本人フミモタ・タケシが大好き。
(11月26日月曜日)
 2016_02_20




01  « 2016_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。