上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--




エドワード・ケアリー「望楼館追想」
文藝春秋

ああ~~、めちゃめちゃ面白かったです。
いや~、興奮しました。

作者は、1970年生れのイギリス人。
これが処女作なんだそうです。
タイトルに惹かれて手に取った本ですが、
ホント面白かった。
奇天烈で痛くて、ちょっと甘いところも魅力的な、
魂の再生の物語でした。

常に白い手袋を身につけ、
「望楼館」という五階建ての集合住宅で
両親と暮している中年の男が主人公フランシス・オーム。
彼は冒頭で自らを
「大事なものを集めた博物館の学芸員」
だと言っていますが、
職業は、
町の中心部にある、もともと彫像が立っていた台座に立ち、
白装束で「彫像になりきる」というもの。
台座の真下に置かれたブリキの缶の中に
投げ込まれたコインが彼の報酬なのです。
彼のそれまでの職業は、
蝋人形博物館で本物の蝋人形たちに混じって、
まったくの蝋人形のように立っているというもので、
時代の流れによって、
彼ら半蝋半人たちは全員解雇されたのでした。

彼以外の望楼館の住人もみんな奇天烈な人達で、
外の現実の世界を恐れ、TVの画面の中だけに生きる老女、
全身から汗と涙を滴らせ続ける小心な元教師
(彼は主人公フランシスの元家庭教師でもあります)、
人語を解さず公園で犬と共に生活し、
身近に人間を寄せ付けようとしない「犬女」とも
彼女が20号室に住んでいることから「トゥエンティ」とも呼ばれる女性、
職務に厳格で玄関を清潔にしておくことがこの世のすべてのような「門番」、
そしてフランシスの両親。
かれらも相当奇天烈な人達です。

彼らの望楼館での生活は、
先細りすることはあっても、
それ以上どうなるということもないある種の平穏の中にありました。
望楼館に新たな住人がやってくるまでは……。

巻末には、
55ページもの「フランシス・オームの愛の展示品」一覧があって、
読了後のほわ~~っとした余韻に浸りながら
これも堪能させていただきました。

作者エドワード・ケアリーの次回作は、
アルヴァとイルヴァという双子の姉妹が、
かつて地震で崩壊し、
やがて再建されたエントラーラという町を紹介していく
ガイドブックのような物語なのだとか。
こちらもすっごく楽しみです。
(2002年11月10日)

スポンサーサイト
 2015_02_28




ローソンのグリルチキンは
買ったときに改めて温めてもらわないと
おいしくないことを知った。
そんな二月の終わりのわたしです。

わたしはお肉の中では鶏が一番好きですが、
夫は鶏が苦手らしいです。
そのことは、
結婚して5年ぐらいたってから
本人に聞きました。

他におかずがあるから
苦手なおかずがあっても気にならないらしいです。

さて、
わたしは鶏が好きで、
特に揚げ系を愛してますが、
もし最後の晩餐に何が食べたいかと
聞かれる機会があったら、
絶対、鶏のから揚げは頼まない自信があります。
なぜなら、
たぶんそれまでに散々食べてるから。
おいしいけど、
それ、そういう時に食べたいんじゃないんだよ…
という気持。わかってもらえるでしょうか。
たとえて言えば、
極上の米としょうゆと
黄身がぷりんぷりんの地鶏の卵があるからといって
初めて恋人に作ってあげる料理が
たまごかけご飯
ではちょっと困る……
みたいなものでしょうか。

どうでもいいことを書いてますが、
つまり、
今日はグリルチキン買って失敗だった
というエピソードしか思い浮かばない日だったのでした。


 2015_02_27




今月の金曜企画「痛・病」
最後はエンタメ系(?)

パトリック・リンチ「感染者」
飛鳥新社

ロサンゼルスの危険地帯で働く外科医マーカス・フォードは、
突然、自分の患者を次々に感染症で死なせてしまう
という事態に陥ってしまいます。
手術は成功し、
明かに回復の兆しを明らかに示していた患者達が、
突然容態が悪化、
どの抗生物質を投与しても全く効き目がなく、
ただただ菌に汚染され患部が腐敗していったのでした。
身に覚えのない院内感染が疑われ、
彼の病院は「疫病船」とマスコミにたたかれた揚げ句、
マーカスは休職にまで追い込まれます。
しかし実際は
耐性菌による死者がロサンゼルス中の病院で続発していたのでした。

ついに、
彼が男手1人で育てていた13歳の1人娘サニーまでもが耐性菌に侵され、
生死の間をさまよい始めます。
先日アメリカ健康学会主催の会議で、
抗生物質の乱用が耐性菌を次々に生み出していく
というスピーチをしたマーカスの自説が、
最悪の形で現実となったのでした。

スピード感のある展開、
医者同士、医療機関と製薬会社の軋轢、
製薬会社同士の新薬の特許争奪戦。
ううーん、面白かったです。

以前にバイオ・ミステリーの「キャリアーズ」を読んで
面白かった作家なので、
結構期待して読みましたが、
今回も当りでしたね。
作者パトリック・リンチって、
共作のペンネームなんだそうで、
どちらもイギリス人、
医療ジャーナリストとして長く活動してて、
ウィルスの研究に従事したこともあるんだとか。
そういう屋台骨がしっかりしてるからか、
この「感染者」も説得力がありましたね。
読後、医薬品の使用について色々考えてしまいましたね。
派手なストーリー展開ですが、
絵空事だとは思えないリアルな怖さがありました。
(2002年8月31日)




本文中でちらっと書いた「キャリアーズ」、
所謂バイオハザードもので、
私にとって初パトリック・リンチ作品でした。
ホリー・ベッカーは
前夫と共にスマトラ島に滞在している双子の娘を訪ねていく。
しかし、そこは死亡率100%の未知の出血熱の発生地だった……
ってな話でした。

医療系小説というと、
わたしの中では、
実はロビン・クックで、
これがまた結構高確率でブックオフの100円(税抜)で
売られてるんで読んでるんですが、
何故か一度も感想を書いたことが無いという。
たぶん、2001年から2005年の間に一度も読まなかったんでしょうね。

 2015_02_27




この冬に作って、
どこかできちんと発表する
とかいう予定がないまま
春になってしまった
という句を、
少しだけここに載せておきます。

身に入むや電子レンジに昨夜の乳(よべのにゆう)
寒蜆母がなびけば父もなびき
こころより尽くす狼藉葱煮ゆる
ライナスにジェインに毛布ひとつづつ

ねこ俳句
短日の猫入れて良き箱ばかり
寒の月猫の水椀照らしけり

おまけ
楽しく作った短歌
きようしつの後ろでしづかに歌つたりヤクルト容器のすてきなロボット
↑この歌、わたし的にはとても気に入ってます。


 2015_02_26



絵本 de 俳句

一巡りして懐かしきたんぽぽよ Sima

「小さな乗合い馬車」



「小さな乗合い馬車」
作 グレアム・グリーン
絵 エドワード・アーディゾーニ
文化出版局

がちょう通りにある
人情味あふれるポッターおじさんの食料品のお店。
けれどある日、
通りの向こうに
清潔で大きな食料品店えいせい商会が出来たことから、
昔ながらのポッターおじさんの店は
だんだんお客が減ってきます。
えいせい商会の目玉はスマートな2輪馬車で、
この馬車でお客の家まで買物したものを届けてくれるのです。
すっかりお客のいなくなってしまったポッターさんは、
ある晩
捨てられた乗合い馬車を見つけます。
この乗合い馬車があれば店は持ち直すかもしれません……。

昔ながらの暖かさが、
一時は目新しいものに押されても、
前向きでいるかぎり
いつかみんなから見直される
というお話。
イギリスの街角で二人の悪者との追跡劇など、
ドキドキするような冒険が繰り広げられる楽しい1冊です。

文章は「第三の男」などを書いたグレアム・グリーン、
そして絵は、
わたしの大好きなエドワード・アーディゾーニ。
乗り物シリーズというのかな、
「小さなきかんしゃ」「小さなしょうぼうしゃ」本書「小さなローラー」
は、1940年代から50年代に作られた絵本で、
日本では70年代になって出版されました。
「小さなきかんしゃ」は、
小さくてのどかな村ととなりの町を行ったり着たりの毎日に
退屈していた小さなきかんしゃが
広い世界に飛び出してみたら…という物語。
「小さなしょうぼうしゃ」は、
小さな村で働く蒸気ポンプの消防車が主役。
晴れがましいはずの「しょうぼうの日」に
町からピカピカの大きな消防自動車がやってきて、
蒸気ポンプの消防車はお払い箱に…という物語。
「小さなローラー」には、なんと悪賢い密輸団「黒い手」が登場する
なかなかドラマチックな物語になってます。
本書は、前二つの物語と最後の物語の、
ほんとに「間」だなって思える、
切なかったり、ハラハラだったりと
たくさん楽しめる物語になってます。

 2015_02_26




たいした話題でもないけど、
実は今年一月から
角川「俳句」に投句をはじめました。
何年ぶりだろうか。
そう、
大昔には、
俳句総合誌の一般投句欄に投句してたのです
わたしも。
たぶん「俳句」だったと思う。
「俳句研究」じゃなかった。
当時わたし自身が毎月「俳句」誌を買ってて、
わたしの父が「俳句研究」を定期購読してたから。

現在は父が「俳句」を定期購読してるので
投句用のはがきをもらってるという。
もちろん、本誌の内容も読むんだけど
専用はがきで投句する頃には
雑誌の方は父に返してるので、
アンケートが書けないという、
わたしにとってはどうでもいいけど、
「俳句」編集部にとってはあまりよさそうじゃない感じになってます。
あそこ書かないと見てくれなかったらどうしよう。

ちなみに、本日、二度目の投句をしました。
もちろん俳号は
Simaでもしまでもしま・しましまでもありません。
選ばれなかったら恥ずかしいので
俳号公開しないけども。

 2015_02_25



ジェイムズ・カウアン「修道士マウロの地図」
草思社

16世紀ヴェネツィアの修道士マウロが目指したのは、
世界中の人々の営みや思想、哲学の全てを盛り込んだ
世界地図を作り上げること。
が、
彼は旅をしない。
彼は臆病な捕らわれ人であったとも言えるだろう。
その彼に情報をもたらすのは、
地図の余白である辺境を見聞した商人であり、
船乗りであり学者たちであった。
彼等の奇奇怪怪な物語に耳を傾け、
マウロが見出した世界とは……。

結構面白く読みました。
ちょっと退屈なところもあるけど、
馴れて来ると面白くなってきました。
派手な展開なんて全くないんですが。

読後に感じたことといえば、
現在はありとあらゆる情報が垂れ流しの状態にあるから
「情報」ってものにすごく鈍感になってるかなって事かなぁ。
外国でなくとも
自分が行った事のない場所についての情報は
これから自分自身が赴くか、
そこへ行った事のある人間から話を聞くしかないよね。
それを話してくれた人達の
生命の一部を分け与えられたと感じ、
それらを死の欠片の様に思うマウロ。
そっか…そっか…という思いでした。

ちなみにネットで他の人の感想を読み漁ったんだけど、
この作品の評価は割れてます。
特につまんなかったと感じる人は
エーコと比べる人が多かったみたい。
私はエーコは未読なんで比べる事が出来ないけど、
比べちゃって面白さがそがれるんなら、
こちらの作品が先でラッキーだったのかしら。
(2001年7月5日)




ここでエーコの名前が出てたから
でもないかも知れないし、そうだからかも知れませんが、
2001年の9月10月にエーコ作品を読んでるようです。


 2015_02_25



七 碧梧桐との訣別(大正元年~四年)
 海紅堂不祥事件 その2

大正四年の俳壇だけでなく
当時の文壇でも話題にのぼることになったけど、
登場人物がイマイチその後の俳句史に輝くことがなかった人たちだからか
あまり知られていない
海紅堂不祥事件のその2です。

さて、俳誌「海紅」の五月十二日の句評会で
一体なにが起ったのか。
それは、
「鶯の曇りひく山山を焼く」という句について、
月並と断じた大須賀乙字に対して、
当時二十歳だった山口葉吉という人物が
その乙字に対して「生意気いうな」と食って掛かった、
というのが直接的な発端だったみたいです。
山口葉吉という人については、
「海紅」創刊その1の記事で
「試作」「第一作」の同人の山口葉吉
として、一度紹介しましたが、
まあ、つまり中塚一碧楼の側の人。
一碧楼が河東碧梧桐の門へ戻り、しかも機関誌の編集まで任されたということで
「試作」系の同人が、碧梧桐門に入ったということなんでしょうか。

以前から、
特に「試作」系の若い俳人たちから
乙字はその尊大な物言いが嫌われていて、
また、葉吉もすぐにカッとなる性格だったらしく、
この会以前にも
乙字に対して葉吉が食って掛かる場面があったらしい。
乙字の気持としては、
客分である「海紅」の会にわざわざ呼ばれて出向いた
というつもりなのに、
こういった葉吉のような無礼な態度
その物言い以前に、
それを許す碧梧桐に対して怒りを感じたわけです。
「こんな失礼な事をいう不良少年を同座させるならば
以後決して海紅にはかかわらない」
と言って玄関に立った乙字を、
後を追ってきた葉吉が、茶碗の糸底で殴って乙字の額を割った
というのがこの事件なのでした。

昭和四年の「俳諧雑誌」四月号の、
喜谷六花の談によれば
よし!不良少年の腕を見せてやろ
と立ち上がるなり茶碗をぶつけたんだとか。
事件の五日後に乙字が手紙で書いたところによれば
玄関まで行ったところで殴られた
ということで、微妙に違うような気もするけど、
事件五日後と事件十年以上後との記憶なので、
乙字の方が真実なのかな。
大正九年に書かれた松下紫人の文章によれば
圭不英君と共力して某君を抱きとめた事はまだ覺えて居る。
大勢の目が一せいに乙字君の顔の負傷部に注がれた、
冷たい光景が何となく凄ごかった

のだとか。
乙字の額からは血がぼたぼたと落ち、羽織や手首を血に染めた。
折からの雨の中、
紫人と碧梧桐の妻茂枝が付き添って病院を回ったのだけど
専門医でないとダメだといわれて、
乙字は二人と別れて人力車を呼び、
一人で桜木町の医者で手術を受けたということです。
別れるまでの間紫人は、訴えないで欲しいために、
逆に乙字の暴言を諌めたという。
何だろう、ひどくね?
って思うけど、それを素直に乙字への追悼文に書いているという
松下紫人という人も変わった人のような気がする。
乙字はそれを黙って聞いていて、けっきょく警察沙汰にもしなかったとか。
だからって、黙ってたわけでもないんですけどね。
とにかく、
この事件について、乙字は山口葉吉にではなく、
それをさせた碧梧桐に対して怒り心頭だったわけです。
もう、監督不行き届きとかじゃなくて
アンタがけしかけたんだろって感じみたい。
事件の翌日に、乙字宅に碧梧桐がやってきたんですが、
乙字はそれを拒否してます。
それが乙字と碧梧桐との完全な訣別となったわけです。

一碧楼は
この暴行を難詰する人もあろう。
しかし私はその原因を知っていたし、
当然の結果と思っている

と書いてます。
碧梧桐が当時この事件について
どういう風に考えていたかは分かりませんが、
栗田靖の『碧梧桐百句』によれば、
「海紅」創刊時、碧梧桐から鵜平への書簡で、
乙字には質疑応答か、俳論か位を押しつけようと思うがそれもなかなか難しい。
ともかく雑誌を売らなければという重大な社会問題があると、
なかなか強いことが言いにくい

と、乙字の扱いに苦慮してたんだけど、
そのうちに事件が起こって乙字の方から出て行った、
というようなことが書いてある。
よくわからないけど、不穏分子が取り除かれた安堵があったのかな。
ちなみに
乙字に不良少年呼ばわりされた山口葉吉氏、
実際のところ不良少年と呼ばれる前歴があった青年だという話です。

 2015_02_24



チャールズ・デ・リント「リトル・カントリー」
創元推理文庫

屋根裏部屋に隠されていた一冊の本。
それを見つけて、ジェーニーは息を呑んだ。
「リトル・カントリー」、
いまは亡き天才ファンタジー作家ダンソーンの小説ではないか。
ページを繰ってみる。
「限定発行一部のみ」?
ジェーニーは小説を読み始めた。
すると、秘められたある“力”が解き放たれて…。
同じころ、
もうひとつの物語が幕を開けようとしていた。
そう、もうひとつの世界で!


これは本書の表紙裏のあらすじなんですが、
もうわかったと思うけどファンタジーものです。
でも、めっちゃ面白い本で、
ファンタジーファン以外の人でも楽しく読めるんじゃないかと思ってます。

物語は、
恋人に振られたばかりの伝承音楽演奏家の女性ジェーニーが
祖父の家の屋根裏で
一冊の本を見つけるところから始まります。
限定一冊という不思議な本に添えてあった古い手紙には
「絶対に公表してはならない。
これの存在は秘密にしておかねばならない。」
とあり……。
彼女がその本のページを開くところで第一章は終わり。

次の章はジョディという少女の物語になってます。
孤児で発明家の手伝いをしている18才の少女です。
「ペンダーのやもめ女は魔女で、小人を捕まえている」
とみんな言ってる……。
ジョディはつい好奇心にかられて……。

ジェーニーの物語とジョディの物語が
交互に語られていくんですが、
これがなかなか交錯しないんですよね。
長い長いお話ですが、
二つのストーリーのどちらも面白くて飽きないんです。

チャールズ・デ・リントはカナダのファンタジー作家。
他に、
「ジャッキー、巨人を退治する!」
「月のしずくと、ジャッキーと」
などのファンタジー作品がありますが、
感想を書いてないけど、それらもすごく面白い本です。

 2015_02_24




春っすね。
俳句をやる前は、
3、4、5月が春、
6,7,8月が夏
9、10、11月が秋
12、1、2月が冬
という季節の分類を思ってましたが、
俳句をはじめて、
2月から4月が春
5月6月が初夏
7月8月の途中が夏
その後が冬
という
変則的な感覚でおります。
で、2月の終りは、
体感的にも早春って感じがします。
ロングのダウンコートはもはや場違いな感じで
着られないし
(まあ、3月に寒さがぶり返したりする可能性もあるけど)
近所の野良猫はさかってうるさいし。
そう、うるさい。
なんか毎晩毎晩、めっちゃうるさいなーと
思ってたら、
なんと、
うちの玄関の前で
うちの家を向きながら鳴いてました。
うるさいはずだよ。

うちの猫は一階にいる子はもうじじいだし、
二階には元気な5歳の子がいるんだけど、
玄関近くへは絶対いけないようになってるからね。
物理的に。
なぜなら、うちの二匹は
かつて何度か血で血を洗うような争いを経た
超仲の悪い猫たちだから。
ちなみに、
5歳の猫の去勢ですが、
実は見た目は去勢済みですが
おなかの中に一個残ってるらしいです。

 2015_02_23




01  « 2015_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。