上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



しま(しま・しましま)ネプリ句集
秋の部「ぶだうパン」について
配信スタートのお知らせをしたっきりでしたが、
実は現在はすでに
冬の部「たまごボーロ」スタートしております。
セブンイレブンの予約番号は 81954801
それ以外のコンビニは T3XDNU42H3。
3月30日までです。
よかったら、
出力お願いします。
こんな感じになります。
tamago.jpg

春夏秋冬四つでこんな感じ
siki.jpg


スポンサーサイト
 2016_03_25



ちょっとバタバタしてたら、
もう「アイスバー」最終日を過ぎてしまいました。
現在は、秋の部「ぶだうパン」を配信しております。
セブンイレブンの予約番号は 80747469
それ以外のコンビニはT3XDNU42H3。

ということで、以下は「アイスバー」の方の季語です。

百日紅(さるすべり)
同じ漢字で「ひゃくじつこう」とも読みます。
梅雨明けから九月末ぐらいまでという
花期の長さからの「百日紅」で
幹の肌がとてもすべすべで猿も滑るから「さるすべり」。
濃いピンクのイメージが強いですが、
白い百日紅もあるとか。

日焼(ひやけ)
今は四季を通じて紫外線対策が言われてますが、
夏といえば日焼け。日焼けといえば夏。
ところで、この「日焼」に限りませんが、

遠花火(とおはなび)
はい、実は「花火」は秋季の季語だったりします。
なんでだよ、夏だろ、
夏祭りの華だろって思うでしょ。
でも、秋の季語だって言われたら、
そうなんですねー(棒)って言うしかないのです。
だからと言って、
別に秋に詠まなければいけないというわけじゃないので、
平気で夏の部に「遠花火」の句をぶっこんでしまいました。
ちなみにだいたい8月7日か8日ぐらいから
いわゆる「暦の上では秋」となります。

火蛾(ひが)
「火取虫(ひとりむし)」の傍題。
夏の夜、明かりに集まってくる虫のことです。
「火蛾」はそれの蛾のこと。
「蛾」そのものも夏の季語ですけども。
大きくて真っ白い蛾とかもう、
めっちゃドキッとしますよね。

夕焼(ゆふやけ・ゆうやけ)
「ゆやけ」とも読みますね。
夕焼けなんて四季を通じて見られるものですが、
特に夏の夕焼けの壮大さから、
夏の季語となってるみたいです。
時間的にも一番長く見られますしね。
「西日」も夏の季語です。

アイスバー
「アイスクリーム」「アイスキャンデー」
「かき氷」「ソフトクリーム」
「シャーベット」「氷菓」
みんな夏の季語。
この句、もともとは
「あずきバー」(井村屋のやつ)にしてたんですが、
もう少し普遍性を持たせておこうとおもって
「アイスバー」にしたら、
句会で、「アイスバー懐かしい!」「あの銀の紙で包んである」
と、なぜかホームランバーの話で
お年寄りが盛り上がっていたことを付け加えておきます。

夕顔(ゆふがほ・ゆうがお)
「朝顔」「昼顔」「夕顔」「夜顔」
四つともヒルガオ科の蔓性植物ですが、
実は季語の分類でいうと、
秋・夏・夏・秋
となります。
なんででしょうね。
ちなみに夕顔の実はかんぴょうになります。

八月(はちぐわつ・はちがつ)
上の方で、8月7日か8日から秋と書きましたが、
そういうわけで、
実は八月は秋の季語となっています。
でも現代人の気持としては
どう考えても夏真っ盛りなんですけどねっ。
旧暦八月の方で考えると、
新暦8月の下旬から10月上旬ごろにあたるので、
そう考えると秋ともいえるけど……
今普通に八月って詠めば新暦8月のことだろう、
と、なんだかこんがらがってしまう言葉ですね。

晩夏光(ばんかこう)
「晩夏」の傍題。
晩夏の頃の日の光のことですが、
あれですよ、
八月の終わり、夏季の終わりのやや力弱くなったような光
……のことではなくて、
七月の終わりから八月の初めのころの、
まだギラギラとした光のことです。
夏は終るっていうのに、
まだ全く衰えない光、みたいな感じです。

夜の秋(よるのあき)
「花火」も「朝顔」も、
「八月」までもが秋の季語なのに
この「夜の秋」は夏の季語なんですね。
「秋」ってあるのに夏の季語!
この矛盾。
「竹の秋」が春の季語で「麦の秋」が夏の季語なのと
同じような感じでしょうか(違います)
この季語は、
夏の終わりの頃、
夜になると昼間より少し涼しく感じて、
なんとなく秋っぽいような気がする感じをいった言葉です。
ちなみに「秋の夜」は、普通に秋季の夜の時間のことです。

というわけで、
少し遅くなってしまいましたが、
「アイスバー」の季語でした。
 2016_03_15




ネプリ句集「アイスバー」の季語説明その2です。

麦茶冷ゆ(むぎちやひゆ・むぎちゃひゆ)
「麦茶」あるいは「麦湯」の傍題「麦茶冷す」。
今は四季を通じてペットボトルの麦茶が飲める時代ではありますが、
それでもまだ「麦茶」は夏の飲み物の王様な気がします。

夕立(ゆふだち・ゆうだち)
夏の午後のにわか雨のこと。
短時間ではあるけど時に激しく降ったりします。
「夕立かな」などの使い方をするときは
「ゆだち」と読ませることが多いですね。
「驟雨」「村雨」「スコール」なども「夕立」の傍題。

ラムネ(らむね)
夏の清涼飲料水。
瓶の中に栓の代わりにガラス玉がはめてあることとか、
夏祭りなどで冷しながら売られてたりと
子供の頃の思い出を誘う飲み物な気がします。

蜥蜴(とかげ)
「青蜥蜴」「瑠璃蜥蜴」「縞蜥蜴」など
トカゲ亜目の爬虫類の総称、だそうです。
イモリやヤモリなんかと比べてもしゅっとしてて
なんとなく妖しい魅力があります。
漢字で書くと
「井守」「守宮」に対して「蜥蜴」ですから
もう字面だけでもしゅっとしてます。

枇杷熟るる(びはうるる・びわうるる)
枇杷の実が熟れるのは六月頃。
ちなみに「枇杷の花」の方は十一月頃に咲いて、
冬の季語となります。

入道雲(にふだうぐも・にゅうどうぐも)
「積乱雲」「積雲」の俗称で、これらも全部夏の季語。
青い空に真っ白な入道雲っていえば、
夏空の象徴みたいな感じですよね。

浴衣(ゆかた)
夏祭りなどに着たりする一重の着物。
という説明もほぼ不要ではありますよね。
もともとは入浴時に着た湯帷子(ゆかたびら)で、
基本的に寝巻きとか
室内用の着物として定着していったとか。
ところで、
この句では「蝶よ花よ」と
「蝶」「花」というそれぞれ春の季語が使ってありますが、
前回書いた通り、季重なりとして嫌う向きもありますが、
まあ、「蝶よ花よと」って慣用句みたいなもので
その辺りは季語として機能してない
……んじゃないかと思ってます。

十薬(じふやく・じゆうやく・どくだみ)
四つの花弁が十字になって見えますが、
この白いのは苞で、
本当の花はその真ん中に立つ芯のような穂。
葉っぱが臭いとか、ハート形とか
民間薬として有名とか
いろいろあるけど、まあ地味な花です。

夏月(なつづき)
「夏の月」の傍題的に考えて使ってます。
ちなみに、夏季の出る月、のことではありますが、
「夏の月」は傍題に「月涼し」ともあって、
この季語の意味的には「月涼し」という感じを
表現したもの、っぽいところがあります。
ほら、夏って当たり前ですが暑いじゃないですか。
それでも月が出るぐらいの時間になると、
気温的にも心情的にも、
やや涼しさを感じる(求める)
みたいなとこですかねぇ。
ナチュラルに「夏月」ってそういう意味で使って、
今のところ、それについて誰かに突っ込まれた
という経験はありませんが、
「夏月」って
「かげつ」って読ませることが多いみたいですね。

寝茣蓙(ねござ)
イグサで編んだ茣蓙(ござ)で、
夏の寝苦しい夜などに、敷布団の上に敷いて
そのひんやりとした涼しさで寝る、
という昔の日本人の知恵的なやつ。

 2016_03_11




ネプリ句集、夏の部は「アイスバー」
三十句、三十の季語について、
春の部では二回に分けましたが、
今回は三回に分けて説明、その他ぐだぐだやっていきます。

毛虫(けむし)
蝶や蛾の幼虫の中で、体が毛で覆われているのが毛虫。
夏の季語です。
毛に毒があるものや、毒がなくても樹木を食い荒らすので、
「毛虫焼く」という季語もあります。
五、六月頃、でっかい毛虫が
アスファルトをもごもごしてるのをよく見かけるんですが、
あれは何になる毛虫なんでしょうか。
ちなみに、同じ幼虫でも毛のない方、「芋虫」は秋の季語になります。
なんだか不思議ですよね。
キャベツにまぎれてて
ごく稀に人を死ぬほど驚かすこともあるモンシロチョウの幼虫とか、
山椒や柑橘系の葉っぱに付いてる、小さいときは鳥の糞そっくりで、
育つとアノ時々角をだす太った緑のアゲハの幼虫とか、
あれらはどうすればいいんでしょうか。

五月闇(さつきやみ)
「五月」といっても、これは旧暦の五月です。
新暦の6月から7月に当るわけで、つまり梅雨の頃。
「五月雨」「五月晴れ」も、もともとは梅雨の頃の言葉なんですが、
現在はそれらはもう新暦5月の天候を言う事が多いですよね。
脱線しましたが、
「五月闇」は、「梅雨闇」とも言って、
梅雨の頃の雲が厚くかかった鬱蒼とした暗さや、月のない闇夜のこと。


桜桃忌(おうとうき)
6月19日、太宰治の忌日です。
「太宰忌(だざいき)」「太宰の忌(だざいのき」
ちなみに命日は6月13日。
19日は太宰の遺体があがった日であり、太宰の誕生日。
一般的には命日を忌日とするんですが、この日に太宰を偲ぶということみたい。
太宰晩年の短編小説「桜桃」にちなんで「桜桃忌」。
法要なんかも6月19日に行われるみたいです。

梅雨湿り(つゆじめり)
「梅雨(つゆ・ばいう)」の傍題のひとつ。
言葉の通り、梅雨の湿気の多い感じのことですね。

ゑごの花(えごのはな)
5月から6月ごろに咲くエゴノキの花。
白い釣鐘状の花がうつむいて咲く、とても可憐な花です。
こんなに可憐なのに「エゴ」の花という……なんて、
egoのエゴじゃなくて、「えぐい」から来た名前だとか。
あっどっちにしても可憐じゃなかった。
ウィキペディアのリンクを貼ってお茶を濁しておきます。


かたつむり(蝸牛)
普通に、誰もが想像するアレですね。でんでんむし。
陸貝の中で殻を持ってるのがかたつむりで、持ってないのがナメクジ。
そうそう、このナメクジも夏の季語です。漢字で書くと「蛞蝓」。
なかなかどっちも漢字がカッコいい気がします。

夏風邪(なつかぜ)
前に、「春の風邪」は春風邪とは言わないと書きましたが、
「夏風邪」は、「夏の風邪」の傍題です。つまりどっちも言うってこと。
夏風邪はなんとかがひくとか言いますが、
たしかにちょっとトホホな雰囲気を持った季語って気がします。

バナナ(ばなな)
「夏風邪」の句に、この「バナナ」が入ってますが、
実はこの「バナナ」も夏の季語。
ということで、この句はいわゆる季重なりというやつです。
が、まあバナナって四季を通じて食べられる果物のトップをひた走ってるような存在なので、
季語が重なってても、ふつうにバナナが負けるだろう…という目論見でした。
わたしの所属してる結社では、この程度の季語の重ね方なら割と大丈夫なんですが、
他の結社とか他の流派のところでは、とにかくアウトになる場合もあるかと思います。

梅酒(うめしゅ・うめしゆ)
「梅の花」は春の季語、「青梅」「梅の実」は夏の季語。
そしてその梅の実を使ってつくる「梅酒」「梅干」も夏の季語です。
その製造日程的な意味でも夏季ということになるんですが、
もう一つ、
「梅酒」は暑気払いとして飲むものとして夏の季語になってるぽいです。
梅酒の材料の一つである「焼酎」も、
暑気払いの飲み物として夏の季語になってます。

浮いて来い(ういてこい)
今回のネプリ句集の中でも、
かなり一般的でない季語のひとつがコレだと思います。
「浮いて来い」という命令形のこの言葉が季語なんですね。
これは「浮人形(うきにんぎやう・うきにんぎょう)」の傍題。
お風呂や水遊びで浮かべて遊ぶ子供のおもちゃのことです。
なつかしのオモチャ的なブリキの金魚とかああいう感じ。
「浮いて来い」の語感が味わいがあって、
もう子供がそんなオモチャで遊ぶことがなくなっても、
使いたい気がする季語です。

白蟻(しろあり)
歳時記を見ますと「ゴキブリ目シロアリ科の昆虫の総称のこと」とあります。
そうか、白アリはゴキブリ目だったんですね。
住居に発生すると大変困ったことになる害虫ですが、森の働き者でもあります。
同じ夏の季語に「羽蟻」があります。
5~6月頃に突如発生するアレですが、
この「羽蟻」も白アリ(普通のアリの羽蟻もいますが)。
白アリはゴキブリ目ですが、蜂や蟻のように女王・王を中心として集団をつくる昆虫。
大まかには女王・王の下に働き蟻的なやつ(これがほとんど)と兵隊蟻的なやつがいて、
女王たちの世話をしたり、卵や幼虫の世話をしたり、巣を守ったりするわけです。
他に、もし女王や王になにかあった場合のために待機している副としての存在や
ニンフと呼ばれる存在があります。
このニンフが羽蟻となる存在なんですね。
羽が生えてくるまでは他の白蟻と一緒に働いてるんですが、
羽が生えてきたら、新天地を求めて飛び立つ羽蟻になる、という。
いやー、ロマンですな。
ちなみに兵隊蟻的存在があると書きましたが、
白アリの天敵って何でしょう。
実はこれが黒アリなんですよね。
ちなみに「蟻」(黒アリとかの普通の蟻)も夏の季語。

 2016_03_08




ネットプリント句集
春の部「どうぶつビスケット」の
出力ありがとうございました。

ええと、
裏表紙にあたる部分に
2016年3月 しま・しましま(しま)
ネットプリント NO.6
と、なっていましたが、
後で数えてみたら、
通算7度目のネットプリントでした。
夏の部「アイスバー」から、
No,8に修正させていただきました。

ちなみに、しま(あるいは、しま・しましま)の
過去のネットプリントは
短歌が五つ、俳句が一つでした。
今回の句集を全部数えると
短歌五つ俳句五つ、
素敵なバランスですね。

ということで、
春の部の出力期間が終わり、
夏の部の出力期間に入ります。
「アイスバー」
夏の俳句を三十句掲載しています。

「アイスバー」
セブンイレブン
予約番号 45490007

セブンイレブン以外
ユーザー番号 T3XDNU42H3
(こっちのユーザー番号の方はずっと変りません)

A4 白黒20円/カラー60円
3月14日深夜ぐらいまで。

春の「どうぶつビスケット」より、
ややビビッドな感じになってると思ってくださるといいなって思います。

 2016_03_08




08  « 2017_03 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。