上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


Category: 日記  


11月11日午後、
プロフィール写真に使っている猫のちゃたろうが逝ってしまいました。
先月、ちょっとおしっこの量が多いなと思って病院に連れて行って、
「糖尿病」の病名を貰って、
たった20日足らずのことでした。

14年前、近所の子供が親に隠れて子猫を拾ってきて、
こっそり飼おうとしたけど、寒さと何かで死にそうだから
なんとかして!
って我が家に持ち込まれたのが出会いでした。
とても寒い日で、翌日初雪が降ったのを覚えています。

腎臓が弱くて、最後まで去勢しないままでした。
あとから来た猫とも、最後まで仲が悪いままでした。

甘えん坊で、気難しくて、怒りっぽくて、
気が小さくて、家族以外が大嫌いで
抱っこが好きで、とてもかわいいやつでした。

これからは家族とちゃたろうの闘病生活が始まる、
そう思っていました。
さりげなくインスリンの皮下注射をうつのも、
そのうち上達するだろうと思ってました。
9日に体調が悪化して、
でも本当に病院嫌いで
病院にいる間は何も食べないし水も飲まない
というのが分かっていたので、
家で皮下点滴をしながら通院して様子を見るはずでした。
でも、
注射も点滴も、
わたしたちが上達するのを待たずに
あっという間に逝ってしまいました。

彼が死んでから埋葬するまで、
本当に普通に眠っているようで、
つついたら「んあ?」って起きてきそうでした。
看取ったのは自分自身なのに、
本当に死んでしまったのか
信じられない気持でした。
それはもしかしたら
埋葬が終った今でもそうなのかも知れません。


嗚呼(ああ)と鳴き汝(な)と鳴き恋の猫となる
咳き込んで猫おどろかすおぼろかな
春陰の猫といふ骨格を抱く
ひとひらの猫のあしあと春の宵
どこにでも猫の毛ついて花の昼

ふきげんに猫の尾が打つ寝茣蓙かな
夕立をしきりに嗅ぎて猫老いぬ
食肉目ネコ科イエネコ夕端居
またたびで猫を酔はせて夏の月
帰省子のまづ猫に声かけてより

猫のひげ数へて秋を少し病む
老猫の乾いて目覚む櫨紅葉
子を呼べば猫の応へて後の月
紅葉且つ散る優しい声で鳴く猫よ
猫抱けば肋ばかりやそぞろ寒

室咲や昼間の猫といふ一塊
猫の影猫の形(なり)して冬深む
猫に足取られてばかり着ぶくれて
去年今年猫のまたいで行きにけり
枇杷咲いてさても仔猫の老い易き

スポンサーサイト
 2015_11_14


今日は句会

Category: 日記  

今日は句会!
驚くことに今日の午前中に今日句会だと知らされるという。
え?第二金曜じゃないの?
というと、
今月はそれがお盆中だから変更になった
という返事。
そうか……、と納得しながら、
だったらだったで、もうちょっと早く連絡ないものかねと。
五句提出だよ。来週末だと思い込んでて準備してなかったよ。
ということで、
泣く泣く10日にもある句会用に考えていた句を出すことにしました。
が、そうすると、土日で五句詠まないといけないという……。
なんという自転車操業。

でも、
実は楽しみにしてます。
先月丸々ブログをサボっておりましたが、
同時に先月は全てのリアルの句会を不在投句で済ませていたので、
久し振りなんですよね。
結果の方も後日ここに書くんじゃないかと思います。

 2015_08_07



気が付いたら丸一ヶ月放置とか!
我ながらヒドイわー。
というわけで、またぽつぽつ再開していきます所存です。
とりあえずは、本日はルース・レンデルの感想の続きをアップして、
ぼちぼちと
この一ヶ月を振り返る感じで何か(多分俳句関係)をアップしていこうかと
思ってます。
ネットでいろんな俳句関係のサイトを回ってて、
あらためて疑問に湧いたこともあるし。
まあ、そんな感じです。
 2015_08_06




来月、わたしが参加させてもらってるネット歌会「うたの日」の
500回記念のひとつとして
参加者それぞれが自作をネットプリントで出すという企画があります。
ネットプリントっていうのは、
コンビニのコピーサービスの一つで、
ネットで登録したファイルを、コンビニでプリントアウトできるというもの。

で、
わたしもネットプリントをプリントアウトしたことはあっても、
それを提供する側になったことがないので、
練習がてら作ってみました。
題詠blog2015で出した100首の短歌の中から
30首ほど選んで。

セブンイレブン以外のコンビニで
(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、セイコーマート)
ユーザー番号: T3XDNU42H3
7月9日の14時まで出せます。
プリントするのに20円ほどかかりますが、
もしよかったらご笑覧ください。

 2015_07_01



わたしが参加しているネット上の短歌の歌会うたの日の、
本日のお題のひとつが「英」。

この「英」って文字で思い出したんだけど、
うちの次女がまだ小学生だった頃、
ゴミ袋に記名するお手伝いをしてくれて、
「○田…」と悩んでたんですよ。
まあ、世帯主のフルネームが正式なんだろうけど、
わたし自身は苗字しか書いたことないんだよね。ちなみに。
どうやら、父親の名前の漢字表記を知らなかったかど忘れしたかだったみたい。
「パパの名前はどう書くの?」
と聞かれて、
「えいごのえい(英語の英)」
って答えたら、
そう、もうだいたいお分かりだと思うんですが、
マジックで太々と「○田A△」って書いてくれてました。
「英語のエーっていうからー!」と逆切れしてました。

この人は、他にも漢字関係で楽しい逸話を残してくれてる人で、
ある日学校から帰ってくるなり
「ぶどうの漢字が書けるようになったよ!」
というので、書いてもらったら
「巨」
それぶどうやない、それきょほうー。
とか、
家族旅行先で、「忍」という看板を発見して、
それを指差しながら、
けっこうな大声で
「あっ!この漢字読めるよ!
忍者のじゃっ!」
って言ったりして、
楽しい人でした。

と、そんなことを思い出しているうちに
「英」のお題の投稿締め切りは過ぎているのでした。
まあ、準備もしてなかったけども。

 2015_06_22




08  « 2017_03 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。