上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--




イスマイル・カダレ「誰がドルンチナを連れ戻したか」
白水社

中世アルバニア。
地方警備隊長のストレスは、夜明け前にある事件によって起された。
ヴラナイ家の未亡人と娘のドルンチナが危篤だという。
しかし、
これはただ二人の女が危篤状態にあるというだけの事件ではなかった。
ドルンチナはとても遠くに嫁いでいて、
婚礼の日から今まで一度も実家へ帰ってくることはなかった。
その彼女が突然家に帰ってきた。
彼女の言葉を信じるならば、
兄コンスタンチンに伴なわれて…。
しかしそのコンスタンチンは、三年前に死んでいるのだ。
ドルンチナの9人の兄はみな、
3年前に戦争でペストに罹った敵の隊と戦って死んだのだ。
彼女は余りにも遠くに嫁いでいたので、
兄たちの死について知らされることは無かったが。

アルバニア生れの作家カダレの、
私にとって三冊目の作品。
意外とさらっと読める平明な文章と、
む、暑い夏にぴったりの幽霊譚か?
というような導入に思わず引き込まれてしまいます。
このコンスタンチンとドルンチナの物語は
実際にアルバニアに伝わる伝説なのだとか。

まさか本当に亡霊に伴なわれて
遠路はるばるドルンチナが母親の元へ参るはずはない…
ということで、
その真相を探るべく、
部下と共に捜査を始めるストレス。
これには彼の警備隊長としてのプライドと、
個人的なドルンチナへの複雑な思い、
そしてキリスト以外の「甦り」を支持するわけには行かない
という教会の意志が絡み合って関係してます。
徹底的に真実を知りたいと意気込むストレスに対して、
大主教などは犯人をでっち上げてでもなんてことをほのめかしたりもして。

床についたままのドルンチナに話を聞いたり、
婚家から実家までの道ぞいに目撃者を探したり
という捜査が続きますが、
はかばかしい証拠や新事実は浮かんできません。
ところが、そこに一人の墓守の衝撃的な証言が舞い込みます。
コンスタンチンの墓で、
彼の母親が、
「お前は約束を反古にした。だからお前は土に還るではない」
という呪いの言葉を口にしていたのを聞いたというのです。
元々、ドルンチナが遠方に嫁いでいくことに対して、
母親は反対していた。
しかし兄のコンスタンチンが強くこの結婚を支持し、
母が娘に会いたくなったら、
自分がドルンチナを母の元にいつでも連れてくるから
と約束していたのだ。
しかしその約束は果されないまま
彼は他の兄弟と共に戦死してしまった。
彼は母との約束「誓い」を破ったので安らかに眠ることができないのだと。

そうこうするうちにドルンチナと母親が相次いで死んでしまい、
もはや彼女らに直接話を聞くことは叶わなくなってしまいます。
さて、ストレスは真相にいきつくことができるのでしょうか。

ここに登場する「誓い」というやつが、
実は「砕かれた四月」を即座に思い起こしてしまうようなもので、
おおっと思わず興奮してしまいました。
「誓い」の成り立ちが、
かの「掟」の成り立ちとシンクロするんですよね。
と、
思っていたら訳者あとがきにもちゃんと
「砕かれた四月」と「ドルンチナ」は表裏一体の関係にあると書かれてました。
(2005年8月10日)


スポンサーサイト
 2015_03_28




イスマイル・カダレ「砕かれた四月」
白水社

ジョルグ・ベリシャは、銃を構えながら待っていた。
六ヶ月前ジョルグは男を仕損じた。
今度こそ、傷を負わせるのではなく、
きちんと殺さなければならない。
六ヶ月前、
ジョルグの家族は男に傷を負わせたことに対する
罰金の支払いに苦労した。
だが、見事仕留めれば支払いの必要はないのだ。
男の姿が見えたと思ったジョルグは、
しきたりに従って相手に警告を与え、そして仕留めた。

20世紀初頭のアルバニア北部の高地。
そこは未だ人々が古い血の掟に従って暮らしていた。
26歳のジョルグもまた、
その掟によって殺人者にならざるを得なかった。
晴れて殺人者となったジョルグには、
もう一つ仕事が残っていた。
オロシェの塔へ血の税を納めに行かなければならないのだ。

作家ベシアンは、
若く美しい新妻ディアナを伴なって、
この高地を訪れていた。
この地の古い掟に強く惹かれ、
それをテーマにした小説を書いていたベシアンを、
高地を取り仕切るオロシェの塔の大公が招いていたのだ。

2005年、
第一回目の国際ブッカー賞の受賞者となった
アルバニア出身のイスマイル・カダレ。
ちなみに通常のブッカー賞と違い、
国際ブッカー賞は作品に対してではなくて、
作家にあたえらる賞みたい。
政治色を拭ったノーベル文学賞みたいなものでしょうか。

ベリシャ家とクリュエチュチュ家との
血塗られた争いの発端は70年前に遡ります。
ベリシャ家が迎え入れた旅人を
村の境界内でクリュエチュチュ家の若者が殺したことで、
ベリシャ家は旅人に代わって
クリュエチュチュ家に対して復讐する義務が生じたんです。
この血によって贖われる義務というのが
この山地を支配する掟の大きな特徴のようです。
すでに両家はそれぞれ22人づつの死者を出してるんだけど、
互いに煮えたぎるような憎しみというものはないんですよね。
はじめはなんて怖い、
不条理な掟なんだろうと思いましたが、
だんだんとその掟が妙につじつまの合った
不思議な合理性があるように思えちゃう。
意外ななまぐささ(血腥さではなくて)があるんですよね。

部外者であるベシアン、
そして殺人者となったことで
次の殺人者に殺されることが運命付けられているジョルグ。
この交わるはずののない二人を
間接的に結びつけるのがベシアンの新妻ディアナです。
この、
たった一度見た若き殺人者
ジョルグのイメージに捕らわれてしまうという
ディアナの心理描写がほとんどないの。
ないんだけども
ジョルグとディアナという運命の恋人たちの姿が
とても鮮やかに浮き彫りにされてるところなんてまいっちゃいますね。

スリリングにでも
ドラマチックにでも仕上げることが出来そうな設定を持ってきて、
実は音も色も出来るだけ削ったような映画のような
独特の雰囲気を作り上げてる感じ。
じわじわとアルバニア高地の閉塞感が
読んでる側にもまとわりつくんだけど、
どこかこう、
肉迫する、
というテンションの高さのないところがホント妙な作品。
もうすこしガダレの作品を読んでみたいと思わせる作品でした。
(2005年7月5日)

 2015_03_25



今月の金曜企画は、
「痛、病気」の本。
この場合の「痛」は、実際の痛みね。

ジョルジョ・プレスゲルブル「歯とスパイ」
河出書房新社

一人の男の人生と
彼の32本の「歯」が密接にリンクした奇妙な小説でした。

歯の持ち主で東欧の諜報員である男の他、
家族、友人、浮気の相手、
そして歯科医などが、
それぞれの「歯」のエピソードと共に物語に登場する。

ここまで人生と密接な関わりを
「歯」
に見出してる主人公の男なんだけど、
これがまた、
始終虫歯に悩んでるんだよね。

結局男が総入歯になるまで物語が続くんだけど、
歯が痛い、
または痛くなりそうな予感のする人は読まないほうがいいかも…
と思うぐらい人生の節々を歯の痛みに飾られる人なんですよ。

作者ジョルジョ・プレスブルゲルはブダペスト生まれで、
ハンガリー動乱の中
双子の兄弟ニコラと共にイタリアに亡命した人。
演劇の脚本なんかを書いてた人みたいです。

なんでこんな事を書くかと言えば、
この出自が持つ幾つかのキーワード。
何かを連想させるでしょ。

この「歯とスパイ」が
彼の作品を読んだ一番最初の本なんですが、
他に自伝的小説「大きな声のささやき」
続編の「開かれた意識」や「双子のふたり」
という自分の出自を掘り下げた作品があるということなんで、
そっちが是非読みたいな~~
と思うことしきり。
(読了年不明)

 2015_02_06




アンドレイ・クルコフ「ペンギンの憂鬱」





アンドレイ・クルコフ「ペンギンの憂鬱」
新潮社 沼野恭子訳

ソ連崩壊後のウクライナの首都キエフ。
恋人に去られ目下
ペンギンとアパートで一緒に暮らしているヴィクトルは、
売れない小説家である。
一年前の秋、
エサをやれなくなった動物園が
欲しい人に譲るというので、
ヴィクトルは皇帝ペンギンを貰ってきたのだ。
ペンギンの名前はミーシャ。
ヴィクトルの孤独に寄り添うように、
ミーシャの孤独が持ち込まれたのだった。

書き上げたばかりの短編を携えて、
ヴィクトルは新聞社を回った。
色よい返事はもらえなかったが、
ヴィクトルは「首都報知」新聞から
不思議なオファーを受けることになる。
それは死亡記事。
しかしただの死亡記事ではない。
現在まだ生きている人物の追悼記事をあらかじめ書いておく、
というものだった。

ウクライナのロシア語作家、アンドレイ・クルコフの、
現在までに二十カ国以上の国で翻訳されたという作品です。
読み進めるうちにどんどん胸の鼓動がどくどくしてくる、
なんだか不思議な物語でした。
本当に少しずつですが、
どんどん胸のどくどくが募ってきて、
ラストにふうっと息がつけた感じでしたね。
かわいらしい、
ちょっととぼけた装丁ですが、
中身は結構重め、かな。
不条理小説っぽいんだけど、そうとも言い切れないし。
ちょっとつかみどころのないような浮遊感の奥に、
新生国家の不安定さが漂っているような感じ。

ヴィクトルは不思議な追悼記事を書き始めるようになって、
一人、一人と知り合いがぽつりぽつりと出来てきます。
彼らとヴィクトルとの関係がまた、
ゆるいのに強い不思議な感じなんですよね。
誰も彼もその真意はよくわからないけど、
なんとなく好感が持てたりして。
物語の途中から、
ヴィクトルとミーシャという家族に、
殺し屋の幼い娘ソーニャ、
若い警官の従妹でソーニャのベビーシッターのニーナ
などが加わっていくんですが、
この彼らの関係がまたなんともあやういのね。
繊細な硝子細工のもろさ、
というよりも水をいっぱいに詰めた風船のような、
たよりなくていつ壊れてもおかしくないけど妙に柔軟性のある、
というイメージの不思議な家族ごっこ。

ミーシャという憂鬱症のペンギンの存在感がまた巧いですね。
なんだか読み終わってミーシャの事を考えると、
あまりにミーシャがいとけなくて胸がいたいぐらい。

ウクライナが舞台ということで、
へぇぇと思うようなエピソードもいくつかありました。
サンタクロースが新年にやってくる
というものなんだか不思議な感じ。
ツリーだってちゃんと飾るけど、
サンタクロースのプレゼントは新年までおあずけなの。
「チェルノブイリの子供たちの病院を建てる
って集めたお金がどうなったか、知ってるでしょ」
ソーニャのベビーシッターのニーナのセリフですが、
ううん、どうなったの?
と気になります。
いや、想像はつくのだけれど、
そんな事があったのねぇ。
ふぅん。

というわけで、
「ペンギンの憂鬱」はけっこうお薦め。
ミーシャのこの存在感だけでも充分読む価値があるかもしれません。
(2005年6月21日)

 2015_02_04




06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。