上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--




四 新傾向批判(明治四十二年~
 結婚

ここのところ、ずっと河東碧梧桐周辺を書いてきましたが、
時間を少し戻して、明治四十三年の大須賀乙字自身について。

明治四十二年暮に母を亡くし、
「暫く自由の身となり」
とか三井甲之に書き送っていた乙字ですが、
明治四十三年四月に、私立麹町女学校の教諭の職に就きます。
ここでの乙字の教え子に、後の荻原井泉水の奥さんがいるんですが、
それについては、また今後書くことがあると思います。
曹洞宗第一中学林は、この新しい職のために八月に辞職。
そして、この年の十月、
乙字は宮内千代という女性と結婚します。
結婚の仲人は、福島平町に住む、乙字のいとこ小山祐五郎と、
同じ町の書林清光堂の主人である関内米三郎。
具体的に名前出されても、誰だよ、知らないよって
思われることと思いますが、
この清光堂主人の長男彦太郎氏の奥さんのいとこが、乙字の妻の千代なので、
ちょっと書かせてもらいました。
また、
この彦太郎氏は、
後に乙字が編んだ父筠軒(いんけん)の遺稿集の発行にも関わることになります。

同じ四十三年暮には、登米の安斎桜磈子が上京してくるんですが、
喜谷六花の寺と、
新婚である乙字宅とに泊ってます。
桜磈子を迎えて、三井甲之や久米三汀などと、
毎晩十人ほども集まって会を開いていたとか。
千代さんも大変なことです。
なお、
久米三汀は、久米正雄の俳号。
この頃、碧梧桐門の新進気鋭のエースだったらしいです。

明治四十二年暮の母の死や、
「故人春夏秋冬」の刊行、
新傾向についての論文とか、その後の反新傾向の文章。
個人的には転職、結婚なども関係するでしょうか。
この頃の乙字の作句はあまり熱が入らなかった模様。
「乙字句集」に収録されている句は、
四十三年が十二句、四十四年が十九句、
その後も、
四十五年が十九句、大正二年が二十句という程度。
乙字の句作熱が再び盛り上るのは、
大正三年からとなります。

スポンサーサイト
 2014_12_07




四 新傾向批判(明治四十二年~
 碧梧桐との意見の相違


河東碧梧桐の新傾向俳句についての批判が、
「ホトトギス」の坂本四方太らからあった、
と前回書きましたが、
もちろん異議を唱えていたのは、他にも多くいます。
だだっと書きますが、
秋声会、筑波会、松根東洋城の国民俳壇、
佐藤紅緑の「とくさ」、松瀬青々の「宝船」、
石井露月の「俳星」などなど。
しかも、「無中心論」なんて発表しちゃうわけですから、
より一層俳壇の中で、反新傾向の声が大きくなるわけです。
まず、
松瀬青々が、「無中心論」が掲載された朝日新聞に反論を出します。
そこから、青々と碧梧桐はどんどん感情的に走っちゃって、
お互いの句とか選についての悪口の応酬みたいになったらしいです。
この論争は、朝日新聞から、「宝船」誌上に場所を移して続けられたとか。
他にも、京都の俳人中川四明や、
歌人の伊藤左千夫も、この論について難じてますが、
小説家の田山花袋は、この「無中心論」に賛成の意を表したとか。
まあ、
もともと新傾向俳句そのものが、
田山らの自然主義文学に影響を受けてるわけですから、
ここで反対に回られたら切ないですよね。

さて、
師である碧梧桐の「無中心論」について、
東京にいる門下の人々の反応はどうだったかというと、
やっぱり結構な動揺があった模様。
宇佐美不喚楼が、大須賀乙字追悼の文にこんな事を書いてます。
碧梧桐君が全國行脚に出て山陽邊で、大分一碧楼兄弟に熱中してゐた頃は『可かん、碧梧桐を呼返して救つてやらなけりや可かん』といふことに衆説が一致してゐたやうである。その音頭取りは無論乙字君であつた
まあ、他人事の様に書いてますが、
当の不喚楼が、碧梧桐のところに飛んでいってるんですね。
明治四十四年、宝塚温泉で正月を迎えていた碧梧桐のところに行って、
碧門(碧梧桐門)俳人たちに動揺と背信の気配があるから、
旅を中断して東京に戻って欲しい
と。
ところが碧梧桐はこれを拒否。
「続一日一信」でこのことを取り上げて、
「文芸上の主張が相容れないようならば、離反やむなし。
もし東京の同人で、自分と主張が違うものがあれば、
堂々と旗幟を翻すべきである」
と言い切り、
「今日の俳句の変化が訴えるものに気付かない東京同人があれば、
それは時代に取り残されたものであって、思想上の老人である、
ならば余計に、帰京を早めて会いに行く必要もない」
と切り捨てるわけです。

ちなみに、不喚楼の言う「背信の気配」について。
これは乙字ら在京の門下俳人のことだけじゃなくて、
例の玉島俳人たちのことも指しているみたい。
碧梧桐の選を嫌った彼らが、自分たちだけで同人誌を出すらしい
という噂が、東京まで聞こえていたとか。



 2014_12_02




四 新傾向批判(明治四十二年~

新傾向批判


新傾向の俳句について、
もともとの言い出しっぺ的な存在である大須賀乙字も
やや不満というか危惧するところがあるというか、
そんな感じで、
河東碧梧桐門の古参の、名古屋の伊藤観魚みたいに、
ハッキリ新傾向嫌いを標榜する人もいたわけですが、
もちろんそれ以外にも、
この新傾向俳句について反対意見を出す人たちがいました。
たとえば、
明治四十二年の四月ごろと推定されますが、
「ホトトギス」の坂本四方太から、
非難の意を表する来書があったことを、
碧梧桐は「日本及日本人」誌上で明かして、
それについて反論を述べているらしいです。
また、秋には
宇佐美不喚楼、荻原井泉水から、
「日本俳句鈔」第一集の句についての難詰書が寄せられたことも、
碧梧桐は書いていて、それにも反論をしてるみたい。
明治四十三年には、
「蝸牛」新春号に、なかなか辛辣なことが載せられてたとか。

さて、
大須賀乙字はどうだったかと言うと、
この「蝸牛」新春号で、
想ふに新風を競ふと云ふとも、足に歴史といふ鉄鎖を繋いで走って居るので、
この鉄鎖を断つときは、文学の埒外に脱するのであらう

と書いて、
ハッキリした批判ではなくて、
むやみやたらに新奇に走ることについて警告を出してるんですが、
同誌の三月号では、「新傾向の短所」と題して、
喜谷六花や広江八重桜など、同門の句を挙げて
句が具象的光景を現わしておらず、
主観的趣味に陥っていると批判しはじめます。
笹鳴や秘事相談の君と我 八重桜
君が半面この庭訓を笹鳴ける 六花
といった句ですね。
「新傾向の亜種」「禅語」「極端に意味の不明」
と、手厳しい感じです。
また、「懸葵」誌の方でも「現今俳句評」の連載を始め、
ここでも手厳しく新傾向俳句について論評してます。

碧梧桐は、というと
四月に「新傾向概論」を執筆し、
そこで
「物の革新は先ず事相の破壊である」
「短所を挙げるよりも、長所である新意を認識することが、今日の急務」
と、先の乙字の論への反論のように書いてます。

ここに、碧梧桐VS乙字の新傾向俳句を巡る論戦のゴングが鳴り響いたわけです。

碧梧桐が四月三十日の「一日一信」で、
季題趣味の連鎖を尊重するという乙字の説を否定すれば、
五月には、乙字が「蝸牛」誌で
新傾向作者に左の一言を提議する、別事にあらず、
新風の或種の句には前書若しくは自註を附けよと云ふ事である

と、
つまり新傾向俳句は意味が判り難いので説明が必要だと言ったら、
すかさず碧梧桐がそれに反撃する、
ってな流れがあったみたいです。

お互いの目指す「俳句の新しさ」の方向や表現が違ったこともですが、
なにより、二人の確執が深くなっていったのには、
物理的な距離があったと思われます。
乙字は東京、碧梧桐は旅先。
顔を合わせずに、それぞれ紙面上で、
文字のみで戦うわけです。
必要以上に強い語調になってしまったり、
書き手そのものへの批判になってしまったり、
この辺り、ネット上で起こる論争と似たようなものかなと思います。

 2014_11_30




四 新傾向批判(明治四十二年~
 「無中心論」

さて、
相変らず大須賀乙字の歴史を辿るつもりが、
河東碧梧桐につきっきりになっております。
乙字を考える上で、
どうしても碧梧桐と新傾向俳句の流れは欠かせないので、
もうちょっと続きます。

碧梧桐が、玉島俳三昧の後、
「ただ一つ光明をしるすもの」と言ったもの、
それは、「無中心論」だったんじゃないか、と
わたしは考えます。

この玉島の俳三昧に先立つ、四国でのこと。
「日本俳句」の選をしていた碧梧桐は、
雨の花野来しが母屋に長居せり 響也
の句に興味を惹かれます。
で、
安芸竹島へ、自分の俳誌について意見を伺いにやってきた荻原井泉水に、
この句について意見を聞き、
まあ、その意見の内容は置いておいて、
とにかくそこからインスピレーションが湧いたんだそうです。
この中塚響也の句についての意見交換云々については、
のちに井泉水が、いやそんなことは聞かれてないとか言ったとか
何かそんなこともありますが、
どっちにしろ、碧梧桐にピコン!と来るものがあったわけです。
じゃあ結局
井泉水がこれに無関係かというと、そんなことはなくて、
先頃「時事新報」に井泉水が、
「形式より見たる新傾向の句」と題する論文で、
一句の中に二個の中心点があるのは面白い
と、書いていて、
これと先に書いた響也の句とからのピコン!なのです。

雨の降る中花野へ来て、
母屋へ寄り、
そこで何かの理由で長居をした、
という句ですが、
まるで無声映画の様な、
時間的空間的な一連の流れが
「中心が無い」という発見になったみたい。

で、
「無中心論」ってどんなものかというと、
従来の句は感じを一点に纏める中心点があって、
でも、その中心点を作る為に自然を偽ってるわけで、
そこに不自然が生じる。
「雨の花野」の句にはその不自然がない、
一日の出来事のある部分を抜き出した事実そのものなんだ、と。
ゴーリキーの小説「どん底」を挙げて、
主人公が一人、それを軸にして起承転結という従来の形
ではない新しさがある、として、
これと俳句の「無中心」は類似してる、
という感じの主張みたいです。

相変らず長くなっちゃって申し訳ないけど、
あと少し。
これは碧梧桐をしょんぼりさせた理由。
玉島俳三昧での自分を含めたみんなの俳句の出来、
ということもあるかと思いますが、
もう一つ、
これはたしかにショックだわという出来事が、
玉島俳三昧の後で起こっていたのでした。

この俳三昧の後、
碧梧桐としては大会を開いて締めようと思ってたらしいんですが、
これが
中塚一碧楼、響也をはじめとする玉島の若い俳人達が
突然反旗を翻し一抜けたして、
結局会が流れてしまったという。

玉島の前の俳三昧、城ノ崎俳三昧の事を書いた記事で、
一碧楼の句を「日本俳句」に六句載せた
というのを覚えてらっしゃるでしょうか。
これについて、
碧梧桐の添削が入っていた事が大いに気に入らなかったんだとか。
権威主義への反発ってやつでしょうか。
これから、「無中心」の方向性を得てやるぞー!ってな時に
当の若者たちからのこの仕打ち。
それはそれは内心ショックだったことと思われます。


まあ、正直ここの流れについて、
玉島俳三昧の開催時期だけはハッキリしてますが、
「無中心論」の発表、
「時事新報」の井泉水の記事、
碧梧桐の玉島俳三昧の感想、大会の流会
この辺の正確な日付をまだチェックしてないので、
わたしの想像はちょっと違うかもしれません。
まあ、この時期そんなことがあったと、
そんな感じでお願いします。

 2014_11_25




四 新傾向批判(明治四十二年~
 玉島俳三昧

大須賀乙字の歴史をひもといているというのに、
しつこく河東碧梧桐の全国行脚について
今回も書きます。

さて、碧梧桐は、出雲から九州、沖縄へ。
そこから回ってきたのと反対側の九州から四国に渡って、
岡山県の玉島へやってきます。
この岡山玉島は、中塚一碧楼の地元なんですね。
ということで、
従弟の中塚響也ら玉島の若者と、碧梧桐の俳三昧に参加することになります。
この玉島の俳三昧には、塩谷鵜平とか、
あと、出雲から駆けつけた広江八重桜、竹内映紫楼。
他に、名古屋から伊藤観魚や東京から荻原井泉水なども加わります。
伊藤観魚という人は、碧梧桐門の古参の人なんですが、
これが早くから新傾向嫌いを公言してる人で、
今回来たのも、八重桜に会うためだと言ったんだそうです。

そういえば、出雲では年末年始を挟んでいた所為か、
大掛かりな俳三昧は行ってないですね。
と言っても、なかなか立派な歓迎句会とかあったみたいです。
東京から今をときめく大俳人が来るわけですから、
碧梧桐派の地元俳人のみならず、
ゴリゴリの「ホトトギス」系の人たちも句会に参加してたみたい。
しかも、一年後、碧梧桐来雲一周年記念句会とか開いたりしたとか。
まあ、それはかなり余談ですが。

井泉水の方は、碧梧桐が玉島に入る前、安芸宮島で合流してます。
これは、俳句雑誌発行についての相談があったから。
それについては、また後日書くこととします。

葱汁の主にも執拗の徳 碧梧桐
干足袋を入るる時客は酔うてあり 響也
主家の恩白足袋白う我子見て 井泉水
一泊の君か枯芦に騒ぐもの 八重桜
馬見ても死なせし牛を返り花 一碧楼
こんな感じの句が並んだみたいです。
のちに山頭火や放哉を育てた荻原井泉水が、
一番古風な感じでピシッとしてるように思えて面白いです。

この俳三昧について、碧梧桐は
玉島俳三昧は予期の過大な為めであつたか、甚しく不振であつたこと、今後も亦た不振に終るであらう、たゞ一つ我等の信ずる傾向に一点なりとも光明を印するものがあれば、我等の望みは足る
と言ってます。
はなはだしく不振、今後もまた不振に終るだろう
と、碧梧桐をしょんぼりさせたもの、
ただ一つ光明をしるすもの
と、希望をつないだもの。
それについては、次回書くことにします。

 2014_11_23




06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。